« 桜井敏雄 『東京節』 | トップページ | イエロー・マジック・オーケストラ デビューライヴ »

2016.02.07

グールドのフーガ

Th__20160208_13_02_05 日は横浜山手のベーリック・ホールにてコンサート。多くの方々においでいただき、私も楽しく演奏することができました。本当にありがとうございました。
 今日の後半のプログラムはベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番(サロン用室内楽版)。ほとんどベートーヴェンを演奏する機会、いや聴く機会すらない私には、なんだかとても新鮮でした。繊細な和声感は天才ならではだなあと。
 今日の崎川さんのカデンツァも素晴らしかったのですが、私はこのグールドのぶっ飛びカデンツァが好きだなあ。時代や様式を無視した、全時代的な対位法と、現代的和声が織りなす不思議ワールド(笑)。

 グールドのフーガと言えば、こんな作品がありますね。So You Want to Write a Fugue?
 ユーモアやパロディーも含めてガチでフーガ書いてみました的な名曲。

 ついでに言うと、これこれ。これリアルタイムで観てたんだよなあ。なんだかものすごく印象に残っている。日本語訳です。虎穴に入らずんば…とか面白すぎ(笑)。

 もう一つついでに。グールドの天才ぶりがよく分かる番組。私からすると暗譜しているのもすごいけれど、解説しながらよく弾けるなと(笑)。そして、その解説がまたすごい。やっぱり天才だなあ。

 私も一時期フーガを作るのにはまっていました。最近はもう根性がなくてやってませんが、久々に作ってみようかな。毎日少しずつ足してって、永遠に終わらないフーガとか(笑)。

|

« 桜井敏雄 『東京節』 | トップページ | イエロー・マジック・オーケストラ デビューライヴ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/63182042

この記事へのトラックバック一覧です: グールドのフーガ:

« 桜井敏雄 『東京節』 | トップページ | イエロー・マジック・オーケストラ デビューライヴ »