« 追悼 原節子さん 『指導物語』(昭和16年) | トップページ | 祝!世界一! »

2015.11.27

『白魚』 熊谷久虎監督・原節子主演作品

Sim 日の続きです。原節子さんの女優人生において、大きな暗い影を落としているのが、この映画です。
 監督は昨日紹介した熊谷久虎。実は、この、仲小路彰と深い関係のあった熊谷久虎監督は、原節子の義理のお兄さんでした。つまり、原節子のお姉さんのダンナさんだったのです。
 そして、原節子の実のお兄さん会田吉男は映画カメラマンでした。この3人が集ったこの映画で悲劇は起きました。
 昭和16年に「指導物語」を監督した熊谷久虎は、その後、仲小路彰との活動に専念するため一旦監督業を休業します。
 戦後、12年ぶりにメガホンを握ったのが、この「白魚」です。この映画、富士山が重要な存在として描かれているのですが、その富士山麓のロケ中に悲劇が起きました。
20151129_91011 御殿場駅にて、構内と汽車を借りきっての撮影中、カメラのセットをしていた会田吉男と助手が汽車にはねられたのです。それが7月10日。会田は翌11日に亡くなりました。
 原節子は大変なショックを受けます。それはそうですよね。
 この事故がその後の原節子の女優人生に暗い影を落としたのは間違いありません。小津の作品におけるある種の「影」も、実はこのような実生活での悲しい出来事の現れかもしれません。
 兄の死後も気丈に撮影をを続けた熊谷久虎と原節子。作品は完成し、8月5日に公開されました。
 当時、仲小路彰は山中湖に蟄居していました。仲小路彰、富士山、原節子…この因縁(暗号)に興味が俄然湧いてきました。まず、この「白魚」を観なければ…ですね。

|

« 追悼 原節子さん 『指導物語』(昭和16年) | トップページ | 祝!世界一! »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/62770855

この記事へのトラックバック一覧です: 『白魚』 熊谷久虎監督・原節子主演作品:

« 追悼 原節子さん 『指導物語』(昭和16年) | トップページ | 祝!世界一! »