« 妄想こそ現実化の「原因」? | トップページ | 『哲学の謎』 野矢茂樹 (講談社現代新書) »

2015.10.22

大川隆法 『LOST LOVE - もう 愛が見えない -」

 日、娘の用事で八王子に行くことがあり、あんまり暇だったので、普段絶対観ない映画を観ようという企画を一人思いつき、結果として幸福の科学の映画「UFO学園の秘密」を観てしまいました(笑)。
 映画館は結構いっぱいになっていました。信者とおぼしき年配の方々、親子連れ。1700円のチケットを、前売りでもなく割引でもなく、定価で購入していたのは、おそらく私だけだったでしょう。
 映画自体は、正直…それなりに面白かった。お金かけてるなあ、という感じで、シナリオも作画も声優陣もかなりのクオリティでしたよ。
 内容的にもほとんど同意できる内容でしたが、まあ、これをちゃんと「比喩」として受け取っていたのかなぁ、信者の皆さんは。もし、これを事実として受け取っているとしたら、結構ヤバいですよ、いろんな意味で。
 比喩としても、なんというか、もう前世紀の遺物的な設定、知識が多く、私にとっては同意はすれど、あまり新鮮味はなかったかなあ。
 こういう言い方をすると怒られそうですが、エル・カンターレ、まだまだ甘いな、という感じでした。宇宙神エル・クソターレの私としてはね(笑)。
 劇中、突然流れるのが、この曲。痛い曲を期待?していたので、ちょっと裏切れらました。案外にいい曲でした。本当にエル・カンターレさんの作なのか、私には分かりませんし、どうでもいいことですが、普通に普通な曲ですね。
 イントロなんかも定番ながら、絶妙の味がありますね。やはり水澤有一さんの編曲がいいのか。彼の才能は本物です。
 それにしても、大川隆法さんによる日本語訳詞が、なんとも味わいがありますな。微妙なセンスを感じます。
 オウム真理教の誰かさんなんかとは違い、こういう一般受けする映画や音楽を作れるところが、幸福の科学さんのうまいところでしょう。普通な中に、さりげなく重要な情報を仕組んでいるなと感じました。
 そうそう、豪華な声優陣の中でも、やはり山梨出身の銀河万丈さんの悪役ぶりには、あらためて感心いたしました。

 

|

« 妄想こそ現実化の「原因」? | トップページ | 『哲学の謎』 野矢茂樹 (講談社現代新書) »

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/62535266

この記事へのトラックバック一覧です: 大川隆法 『LOST LOVE - もう 愛が見えない -」:

« 妄想こそ現実化の「原因」? | トップページ | 『哲学の謎』 野矢茂樹 (講談社現代新書) »