« 小型UFOに遭遇! | トップページ | 祝!馳浩さん文科大臣就任 »

2015.10.06

祝!大村智さんノーベル賞受賞

Th_2015100800000003asahik0001view 梨出身のこんな立派な、というか、素敵な人物がいるなんて、正直なところ知りませんでした。恥ずかしや。
 いわゆる優等生タイプではなく、文武両道どころか、どちらかというとやんちゃで遊びの達人。スポーツに美術…だからこその発見、業績であったというのが、実に痛快ですよね。
 さらに、名誉やお金に執着がなく、美術館や温泉を作って自治体に寄付したり、本当に魅力的な人ですね。
 ちょうど学校では定期テストが終わり、答案を返したりしたわけですが、「学校の勉強なんてできても大した人間にはなれないぞ」と言ってやりました。満点取った優等生が苦笑してましたね(笑)。
 いや、実際そういう部分はありますよ。経験的にというか、統計的にもそういうことが言える。案外、学校という枠から外れたヤツの方が大物になっています。
 だから、教師というのは難しいのです。優等生をほめちゃいけない部分もあるわけです。逆に規格外の生徒の潜在能力を引き出さねばならない。ま、そこが面白いとも言えますし、自分はどちらかというとそういう仕事が得意だったりします。
 それにしても、大村さんの「人のためになることをする」という基本姿勢は、本当に立派ですね。言うは易く行うは難しです。
 なるほど、「どちらにするか迷った時は、人のためになる方を選べばよい」というお言葉は真理ですし、生きていくにあたっての術であるとも言えますね。私もこれからそういうふうに判断したいと思います。
 地元の山梨大学も大喜びですね。国立大学の中では決して目立った存在ではなかったけれども、大村さんの「遊び」の部分をしっかりサポートして育てたというのは、実は評価されてもいいのかもしれません。
 大村さんの気取らないしゃべり方が、いかにも「山梨のおっちゃん」風でして、本当に身近に感じます。
 かつての甲州財閥の面々や、山梨出身の昭和の政治家は、みんなこんな感じの「おっちゃん」だったんではないでしょうか。
 語弊があるかもしれませんけれども、いわゆる「やくざ気質」とでも言いましょうか、今ちょっとその辺を調べていて、私自身も憧れるところがあるんです。
 大村さん、山梨を日本の教育再生の中心地にしたいとおっしゃっていました。なるほど、あえてのそういう発言には、それなりの可能性と価値を感じました。私も微力ながらそんな夢のお手伝いができればと思います。
 本当におめでとうございました。
 

|

« 小型UFOに遭遇! | トップページ | 祝!馳浩さん文科大臣就任 »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/62433052

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!大村智さんノーベル賞受賞:

« 小型UFOに遭遇! | トップページ | 祝!馳浩さん文科大臣就任 »