« 富士山大沢崩れで「煙」 | トップページ | 『現代オカルトの根源』 大田俊寛 (ちくま新書) »

2015.10.01

E.S.T. ライヴ in ブルクハウゼン

 す返すも惜しい人を亡くしたなあ。天才ピアニスト、エスビョルン・スヴェンソンは44歳の若さで2008年突然この世を去りました。スキューバダイビング中の事故。まさに油の乗ったところだったのですが。
 いかにもスウェーデンのジャズらしい、クールで知的な演奏が、私好みでもありました。
 このライヴは2004年、ドイツの伝統あるブルクハウゼンのジャズ・フェスティバルにおけるもの。
 しっかり構築された、美意識の高い演奏ですね。キース・ジャレットのそれ以上にヨーロッパ近代音楽の香りがする。いわゆるクラシックの伝統の系譜上にあります。ゲルマン的と言ってもいい。日本人は、こうした「ブラックではない」ジャズを好みますね。
 複雑な構成、変拍子…プログレッシブ・ジャズであるとも言えますでしょうか。
 私個人的には、このトリオ、ピアノ以上にベースが気になります。ダン・ベルグルンド。彼のボウイングは美しい。そこもクラシック的です。一方で、エフェクトをかけたりして、新しい世界への挑戦をいろいろやってますね。
 スヴェンソン亡き後、ベルグルンドはどうしているかというと、よりロック寄りの路線を歩んでいるように見えます。彼はディープ・パープルが好きなんですね。
 これはこれで実にかっこいいではないですか。ウッド・ベースだからこそできるロックというものもあるのですね。
 

|

« 富士山大沢崩れで「煙」 | トップページ | 『現代オカルトの根源』 大田俊寛 (ちくま新書) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/62393709

この記事へのトラックバック一覧です: E.S.T. ライヴ in ブルクハウゼン:

« 富士山大沢崩れで「煙」 | トップページ | 『現代オカルトの根源』 大田俊寛 (ちくま新書) »