« 玄侑宗久さん講演会『不二のお山とヤンジさん』 | トップページ | 新之介 帰幽のお知らせ »

2015.09.19

富士学苑中学高等学校ジャズバンド部 第13回リサイタル

Th__20150920_8_26_30 じさんホール、立ち見が出るほどの大盛況。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。
 高校3年生最後のステージとなるリサイタル。今年は我が中学の1期生二人も高校3年になって引退していくということで、いつも以上に感慨深い演奏となりました。
 6年間、大森先生のご指導のもと、それぞれジャズを通して大きく成長してきました。あらためて若者の可能性と、音楽の素晴らしさ、そして学校のクラブ活動の意義を痛感した次第です。
 もちろん6年間の中には、私の知らない苦悩もたくさんあったことでしょう。しかし、今日の晴れの舞台でそれらも昇華していくのが、一つ一つの音の中から感じられました。
 逆に言えば、やはり人間というのは、ある種の痛みや苦しみがなければ、本来成るべき姿になれないということでしょうか。
 それはちょうど、音楽における不協和音のあり方に似ています。ぶつかった音が解決した瞬間のなんとも言えない美しさ。不協和音それのみでは不快にすぎませんが、時間の流れと、協和音への意志がそれを美しい記憶に変えていきます。
 その点、ジャズというのは面白いなと思いました。基本、純粋な協和音が登場しないのがジャズです。もちろん、これは非西洋近代音楽的なセンス、それはすなわちほとんど世界共通の感覚なのですが、実際ド・ミ・ソは気持ちが悪いものです(日本人も明治期にその響きを聴いて吐き気を催したそうです)。
 その違和感を緩和するために、ある意味苦肉の策として、多くの非和声音を加えるに至ったわけです。
 西洋近代音楽、いわばクラシックと言われるジャンルは神の響きとして、そうした純粋な協和音を良しとした、非常に特殊な音楽なのですね。
 すなわち、人間はどこかで、あまりに純粋な「協調」を生理的に受け付けない性質を持っているのです。これは決して人間の不完全さを証しているものではありません。逆です。
Th__20150920_8_26_12 他者との邂逅、衝突、和解、融合…これこそが生命の本質であります。
 そう考えると、面白いのは、ジャズの和声のあり方ですよね。完全に解決することなく、しかしそこに豊かさや幸福感が存在している。それはまるで自然界の共生のあり方のようですね。
 そんなことを考えながら、生徒たちの演奏と成長ぶりを味わった今日のリサイタルでした。
 バンドとしても、非常にレベルが高く、バランスの良い音の集まりが心地よかった。どのセクションも標準以上のレベルで安定感がありました。
 ゲストとして登場した部のOBである宮谷くんのサックスは、相変わらず美しい音で、すっかり聞き惚れてしまいした。リードが素直に振動している。品の良いデイヴィッド・サンボーン(笑)という感じでした。
 大森先生もおっしゃっていましたが、卒業していく生徒たちも、ぜひ音楽を続けてもらいたいですね。別にジャズにこだわる必要はないと思います。やりたい音楽を楽しくやってほしい。下手くそながらも学生時代以来楽器を続けている者として、心からそう願います。この歳になっても、音楽に教えられることはたくさんあります。
 ウチの娘はベースで参加していました。まあ、達者に弾けるようにはなりましたが、音楽の大きなスケールでのうねりを作るまでには至っていません。通奏低音の役目を果たせるよう精進させます(笑)。まだまだこれからですな。
 高校3年の5人、本当にお疲れ様でした。これからそれぞれの進路に向けて頑張りましょう。そして、目標を達成したら、またゆっくり音楽を楽しんでください。

|

« 玄侑宗久さん講演会『不二のお山とヤンジさん』 | トップページ | 新之介 帰幽のお知らせ »

教育」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/62315230

この記事へのトラックバック一覧です: 富士学苑中学高等学校ジャズバンド部 第13回リサイタル:

« 玄侑宗久さん講演会『不二のお山とヤンジさん』 | トップページ | 新之介 帰幽のお知らせ »