« 『美しき緑の星』 コリーヌ・セロー監督作品 | トップページ | 高校総体開会式という演劇空間(再び) »

2015.05.12

バッハ 前奏曲とフーガ変ホ長調 (聖アン)

 日の映画ではバッハは宇宙人だったという設定でした。そこは納得です。
 では、バッハの音楽の中で最も宇宙的なのは…と考えたのですが、まあいろいろ浮かびましたよ。フーガの技法みたいな抽象的な作品なんかも、ある意味宇宙的ですよね。
 しかし、なんででしょうか、最終的にこの曲だなあと思ったので紹介します。
 まず長大であることが宇宙的なのかもしれませんね。異様な長さです。前奏曲200小節以上。フーガは5声の三重フーガ(テーマが三つ)で100小節以上。
 しかし、その曲調は明るい「光」を感じさせますね。軽くはないけれども重くもない(?)。
 バロックの語法や様式を逸脱している感じもありますよね。なんか地球の時代的縛り(重力)から自由というか。
 ちなみに「聖アン」とは…などいろいろ書きたいことはありますが、時間がないので、そのへんは他のサイトにおまかせします。
 とにかく楽譜を見ながらお聴きください。

|

« 『美しき緑の星』 コリーヌ・セロー監督作品 | トップページ | 高校総体開会式という演劇空間(再び) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/61582901

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 前奏曲とフーガ変ホ長調 (聖アン):

« 『美しき緑の星』 コリーヌ・セロー監督作品 | トップページ | 高校総体開会式という演劇空間(再び) »