« 大地は動く | トップページ | 『米英の内情を衝く』 (昭和17年 朝日新聞社) »

2015.04.26

猫から学んだ「ムラカミクス三本の矢」

Th__20150427_65420 倍総理が訪米のため出発しました。歴史的に大変重要な内容になるでしょう。
 そして帰国後、次の外遊先は…?それはお楽しみということで(笑)。
 今回の訪米では安倍総理が上下院でどういう演説をするかが、特に注目されていますね。
 韓国はどうしても「侵略」「植民地支配」「謝罪」という言葉を盛り込みたくてしかたない。
 正直、アメリカも「韓国疲れ」しているようで、先日の日中首脳会談も含め、どうも韓国さんの孤立化が進んでいるようにしか見えません。なんとか救いの手を差し伸べてあげたいとも思ってしまいます。
 と思っていたら、世界で最も有名な日本人である村上春樹さんが、「相手が納得するまで謝罪し続ければいい」というすごい話を東京新聞かなんかに載せちゃいました。まあ韓国さんは喜びましたよね。
 でも、ちょっと待ってくださいよ。これってまともに受けていい言葉なんでしょうかね。まともに喜んでしまった韓國さん、もしかしてとっても恥ずかしいしことになってませんか?
 というのは、今、韓国国内でも「俺たちって永遠に納得しないんじゃない?」的な自己分析が起こり始めているんですよね。
 もしそうだとすると、いわゆる「無限謝罪論」になってしまう。日本は永遠に謝罪し続けなければならない。実際、無限とは言っていないけれども、大統領自ら1000年経っても日本を恨み続けると公言しているわけでして、もうこれは一つの文化、まさに「恨」の文化であって、そうそう変わるものではないという気がしてきます。
 リベラルな言説の多い村上さんではありますが、さすがにそういうことも念頭に置いて、あえて「どこかで納得したら」というようなアドバイスを韓国に送っているのではないかと、私は思ったのですよ。
 というのはですね、個人的には村上さんの「ムラカミクス」が好きだからです(笑)。
 あるサイトで語った次の「ムラカミクス三本の矢」はいかにも日本的ですし、対韓国の政策としても非常に有効であると思います。ここには、決して「謝罪」の匂いがしない(笑)。
 日本もこうやって外交をしのいじゃいましょう。にゃー。
 以下原文を引用させていただきます。

ムラカミクスはかなり強力ですよ。

一の矢)知らん振り
二の矢)照れ隠し
三の矢)開き直り

みんなうちの猫たちから学びました。だいたいこれで人生をしのいでいます。にゃー。


|

« 大地は動く | トップページ | 『米英の内情を衝く』 (昭和17年 朝日新聞社) »

ニュース」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/61500561

この記事へのトラックバック一覧です: 猫から学んだ「ムラカミクス三本の矢」:

« 大地は動く | トップページ | 『米英の内情を衝く』 (昭和17年 朝日新聞社) »