« 『心配事の9割は起こらない』 枡野俊明 (三笠書房) | トップページ | 『人の心を動かす伝え方 〜響く言葉には魂がある〜』 出口光 (あさ出版) »

2015.03.31

5弦ヴィオラ

 5月30日土曜日に横浜の開港記念会館にて、恒例のコンサートを行います。
 「バッハとテレマンの協奏曲」。今回もまたまた魅力的なプログラムです。こちらをご覧ください。
 そうそうたるソリストの皆さんに囲まれて、このたびワタクシは恐れ多くもブランデンブルク協奏曲第6番のソロを担当させていただきます。
 その際、使う楽器がこちらの5弦ヴィオラです。

Img_5687

 実はこの2月の同団体のコンサートでもこの楽器を使いましたので、5月がデビュー戦ではありません。
 ただ、2月の時は、「viola」という楽器指定のパートをこの楽器で弾いたので、ある意味邪道だったかもしれません。
 今回のブラ6は、一般的には普通の「viola」で演奏しますが、実はバッハ自身の指定は「viola da braccio」なんですよね。あえてそう書いてある。
 これは合奏隊にヴィオラ・ダ・ガンバが使われているので、それとの関係であえて「ブラッチョ」という言葉を付したのだと解釈されてきました。「足」に対して「肩」ということですね。
 本当にそうなのでしょうか。バロック時代にあえて「viola da braccio」と言うというのは非常に珍しい。一般的にはもう少し前の時代、まだヴァイオリン属の楽器の形や調弦、演奏法が確立していない頃にあった多様な「ヴァイオリン風」な楽器のことを指しているようです。
 ちなみに「viola da braccio」で画像検索すると、このようにになります。
 どう見ても「普通の」ヴィオラはありませんよね。
 そう考えると、この曲が普通のヴィオラで演奏されてきたこと自体、実は怪しいことになってきます。たまたま、現在のヴィオラでも演奏できる音域だからという理由だけで、誰も不審に思わなかったのか…。
 いや、実は私と同じように疑った人もたくさんいます(当たり前です)。しかし、なかなか結論に至らなかった。もちろん、私も絶対的な結論を導けずにいます。
 ただ、この曲を演奏したことがある方にはお分かりと思いますが、1stヴィオラのパートは、まあまあ音域が高く、また、普通のヴィオラでは効果的ではない音列があるのです。
 たとえば、この部分です。
20150401_194812
 1段目の最後の小節からのパッセージ。いかにも「ブラッチョ」的な動きの部分です。ここの連続する「d」の音が開放弦だったらいいのになあ…と思うのは私だけではないでしょう。
 これが「普通のヴィオラ」ではなくて、多弦の、たとえばヴィオラ・ダモーレのように6弦とか7弦とかだったら、最高弦が「d」ということも充分ありえます。
Th__20150401_19_08_16 というわけで、今回は私は「普通のようで普通でないヴィオラ」で演奏することにしました。5弦のヴィオラ。下4弦は普通のヴィオラの調弦。最高弦(5弦目)が「d」です。
 これで試しに弾いてみたら、なんかとってもいい響きになったんですよ。私は確信しましたね。これは間違いなく高い「d」線を持つ多弦ヴィオラで演奏されたに違いないと。
 というわけで、その響きをお聴きになりたい方はぜひ会場においでください。もしかすると世界初、いやいやバッハの時代以来初めての試みかもしれませんよ。
 ちなみにこの楽器、いつもお世話になっているバイオリンJPさんで購入しました。安いのにとてもいい作りの楽器です。


|

« 『心配事の9割は起こらない』 枡野俊明 (三笠書房) | トップページ | 『人の心を動かす伝え方 〜響く言葉には魂がある〜』 出口光 (あさ出版) »

もの」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/61372829

この記事へのトラックバック一覧です: 5弦ヴィオラ:

« 『心配事の9割は起こらない』 枡野俊明 (三笠書房) | トップページ | 『人の心を動かす伝え方 〜響く言葉には魂がある〜』 出口光 (あさ出版) »