« 「自ら」より「自ずから」 | トップページ | 2015 センター試験国語(その1…現代文) »

2015.01.16

東風(こち)の謎

Th_img_5401 日は上の娘の誕生日。そして私の母の誕生日。ちなみに昨日は実父の誕生日。ということで誕生日ラッシュです。
 ここのところ恒例となりましたが、今回も山中湖のタルトカフェさんに特製ケーキを注文。
 娘の大好きな東方Projectのキャラ「東風谷早苗」をデザインしていただきました。相変わらずクオリティ高すぎ!
 そしてめっちゃくちゃおいしいんですよ。つい食べ過ぎてしまう。甘くなさが絶妙なんです。
 皆さんもぜひ注文してみてください!どんな絵でもオーケー。
Th_img_2232 ちなみに私の誕生日には私の似顔絵でした。似てるでしょ(笑)。
 ところで、この「東風谷早苗(こちやさなえ)」ですが、守矢神社の風祝(かぜはふり)という設定。八坂神奈子、洩矢諏訪子とともに守矢神社を守る存在だそうです。
 ちなみに「早苗」というのは、実在の人物が元ネタだとか。それも洩矢神の子孫として代々諏訪神社上社の神長官をつとめてきた守矢家の第七十八代現当主(!)。本格的だなあ。
 で、今日は「東風谷」の「東風」について書こうと思ったんですが…いろいろ調べても、なんで「ひがしかぜ」のことを「こち」と言うのか、なかなか分かりません。
 皆さんもよくご存知、菅原道真の歌にも「こち吹かばにほひおこせよ梅花あるじなしとて春を忘るな」とありますよね。学校で習うので「こち」が「(氷をとかす)東風」ということはよく知られています。
Th_195032 しかし、その語源はよく分かっていなんですね。比較的西の地方でよく使われるようなので、もしかすると古代の朝鮮半島の言葉、あるいは南洋の言葉なのかもしれません。
 「小さな風」という意味だという説もありますが、「ち」が「風」を表すかどうかは確定できません。「東風」のほかに「疾風(はやち)」ぐらいしか例がないのです。
 また、「こち風」と言ったり、「こち吹く風」という表現があることからも、「ち」は「風」ではないように思われます。
 単純に「こち(こっち)」という意味だと言う説もありますが、それも納得いきませんね。
 「東風」に対する「西風」や「北風」「南風」の異名があればヒントになるのですが、それらも明確なものは見つかりませんでした。
 結局、謎のままということになってしまいましたね。残念。 

|

« 「自ら」より「自ずから」 | トップページ | 2015 センター試験国語(その1…現代文) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60985167

この記事へのトラックバック一覧です: 東風(こち)の謎:

« 「自ら」より「自ずから」 | トップページ | 2015 センター試験国語(その1…現代文) »