« ペヤング ガーリック醤油やきそば (まるか食品) | トップページ | 新垣隆 『交響曲 HARIKOMI』 »

2014.12.11

バッハ 前奏曲ハ長調 (BWV567)

 日、瀬戸龍介さんの「日本の世明け」を紹介しました。本当に素晴らしいアルバムで、家族で毎日聴き、歌っています。
 あの記事で「567」という数字について「分かる人には分かる」というようなことを書きましたが、実は王仁三郎は「五六七」と書いて「みろく」と読ませているんです。
 もちろん、弥勒菩薩の下生56億7千万年にちなんだものですね。
 まあ私もなんとなく縁起をかつぐ程度の意識で、この「567」をラッキーナンバーだと思うようになりました。
 で、今日ふと思ったですね。バッハの作品番号567番ってどんな曲だろうって。
 さっそくYouTubeで検索してみたら、全然知らないオルガン前奏曲でした。
 聴いてみると…なんとも変な曲(笑)。なんだこりゃっていう感じ。これはホントにバッハなのか?
 ちょっと調べてみましたら、どうも偽作らしい。というか偽作でしょ、こりゃ。
 一説では、バッハの高弟クレープスの作品だとか。クレープスはバッハに愛され、師をして「小川(Bach)に棲む優れた蟹(Krebs)」と言わしめたとも。
 ちょっと違った雰囲気の演奏でもう一度聴いてみましょう。

 クレープスはバッハの対位法を正統的に継承しました。だからこそすっかり時代遅れで、人気はなかったようです。まあ、バッハ自身がすでに時代遅れというか、時代を超越してしまっていましたからね。
 たしかにこの小品の後半の転調などには、前古典派的な冒険が感じられます。クレープスもそれなりに時代に挑戦しようとしていたのでしょうか。
 ちょっと変な言い方ですけど、これを聴いた時、一瞬自分の作品かと思ってしまいました(笑)。若い頃、オルガン曲をちょっと作って遊んだりしていまして(もちろんコンピューターで打ち込み)、こういう変な曲をけっこう作っていたんです(恥ずかしながら)。
 正直、パッとしない「ダサさ」が自分のそれみたいだった。なんて言ったら、優れた蟹さんに失礼でしょうか(笑)。
 蟹さんの名誉回復のために代表曲「トッカータとフーガホ長調」をどうぞ。

 う〜ん、なんとも盛り上がり、聞かせどころに欠けるなあ…と、また失礼なことを言ってしまいました。スミマセン。
 もう1曲、2台のチェンバロのための協奏曲です。これはけっこういいですね。

|

« ペヤング ガーリック醤油やきそば (まるか食品) | トップページ | 新垣隆 『交響曲 HARIKOMI』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60793887

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 前奏曲ハ長調 (BWV567):

« ペヤング ガーリック醤油やきそば (まるか食品) | トップページ | 新垣隆 『交響曲 HARIKOMI』 »