« 秋田に向けて出発! | トップページ | 吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ 『寒い朝』 »

2014.11.16

祝い歌

Th_10716252_311137092424970_3573768 日は義弟の結婚式。本人はもとより、親族関係者一同、この日を心待ちにしておりました。
 本当におめでとうございます。
 昨日書いたように私たち家族はバンド演奏でお祝いいたしました。ま、ちょっとしたアクシデントもありましたが、それもまたおめでたい席での楽しい思い出となりました。
 演奏したのは中孝介さんの「花」(作曲は森山直太朗、作詞は御徒町凧)。なかなか深い曲でした。
Th_10815799_311135149091831_2081356 カミさんの実家に帰ってからは近所親戚衆総勢40名による「お好み演芸会」。
 これがまた素晴らしかった。私もちょいとヴァイオリンを弾きましたが、まあ、皆さんの「歌」の素晴らしさたるや、もう…。
 ウチのカミさんが「歌きちがい」であるのも納得です。こうして歌の中で生まれ育ったわけですよね。何より最高の遊びであり、最高のメディア(神や自然との交信手段)というわけです。
 私は残念ながらそういう環境に育ちませんでした。だから楽器に行っちゃったんでしょうね。
 やっぱり歌には敵わないなあと思いました。言葉の力はもちろん、歌い手の人柄、人生が一つの味わいになる。技術上の上手い下手なんかどうでもいい次元です。楽器にはとても真似のできない世界でした。
 その点、バンドというのはいいですね。歌を楽器で支えるというのが基本です。楽器が歌の引き立て役というのは、分相応でいいと思うのです。
 カミさんは楽器はからきしダメです。必要がないようです。
 その点、娘たちは歌も楽器も好きなのですから、まあ幸せなことですよね。
 私は今から歌手にはなれません。せいぜい歌うように演奏できる演奏家になりたいですね。
 とにかく今日のこのめでたい日にふさわしい素晴らしい「祝い歌」の数々でありました。カラオケではなかったのもまた良かったのでは。アカペラというか、手拍子を伴奏に独唱、あるいはみんなで斉唱という、あの雰囲気は最高でしたね。
 弟くん、お嫁さんは「お好み演芸会」にはいませんでしたが、きっと「歌心」はしっかり届いたと思います。おめでとう!

|

« 秋田に向けて出発! | トップページ | 吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ 『寒い朝』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60674711

この記事へのトラックバック一覧です: 祝い歌:

« 秋田に向けて出発! | トップページ | 吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ 『寒い朝』 »