« グラウプナー 『愛のシャコンヌ』 | トップページ | 追悼 菅原文太さん »

2014.11.30

告知! 2/8横浜ゲーテ座「バッハの音楽劇」

 日は2月8日横浜で行われるこちらの演奏会に向けて、東京で古楽アンサンブルの練習がありました。
 今回も素晴らしいプロの歌手、奏者の方々と共演させていただきます。ありがたいことです。
 フライヤーを載せておきます。とっても楽しい演奏会になりそうです。ぜひ皆さまおいでくださいませ。

Flyer571

Flyer572

 私はヴィオラ担当でありますが、なんとも珍しいことにソロがあるんですよね。二重唱のオブリガートが2本のヴィオラ。
 BWV213「岐路に立つヘラクレス」はクリスマス・オラトリオBWV248のほとんどまるごと転用。
 BWV248ではソプラノとバスのアリアに2本のオーボエ・ダモーレが絡んでいきますが、BWV213では3度下げてアルトとテノールが歌い、ヴィオラ2本が寄り添う形に編曲されているんです。
 ちょっと動画で観て、聴いてみてください。

 バッハが2本のヴィオラをソロに仕立てた曲と言えば、かのブランデンブルク協奏曲6番が有名ですよね(来年やはり横浜で5月30日に演奏します)。
 独特の響きをここぞという時に使ったのでしょうか。テレマンなんかも2本のヴィオラのための協奏曲を書いていますね(昨日紹介したグラウプナーなんか、ヴィオラ・ダモーレとヴィオラのための協奏曲を何曲か書いてます)。 
 実際このアリアを演奏してみますと、これがなかなか難しい。今日も「もうちょっと軽く」とアドバイスいただきました。ヴィオラは案外そうした表現が難しいんですよね。弾く側としては深みのある音を出したくなる。軽みは苦手な楽器なんです。
 そういう意味で、原曲のオーボエ・ダモーレのイメージで弾くのは至難の業です。完全に違ったものと考えた方がよさそうですね。
 ところで、今日の練習で、私はなんと5弦のヴィオラを演奏しました。実は他の曲ではその楽器でヴァイオリンのパートを弾くこともあります。
 また変な楽器を…と思われたことでしょう(笑)。もう少し弾き慣れたところでそいつも紹介したいと思います。頑張って練習します。


|

« グラウプナー 『愛のシャコンヌ』 | トップページ | 追悼 菅原文太さん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60742185

この記事へのトラックバック一覧です: 告知! 2/8横浜ゲーテ座「バッハの音楽劇」:

« グラウプナー 『愛のシャコンヌ』 | トップページ | 追悼 菅原文太さん »