« ネコ柄ネクタイ | トップページ | 『希望の牧場』 森絵都 (著), 吉田尚令 (イラスト) (岩崎書店) »

2014.10.22

トム・ケネディ 『Just Play』

51qrth8kfel_sy355_ 京JAZZでのランディ・ブレッカー、マイク・スターン、小曽根真の共演「OUT OF THE BLUE」 を観ました。いやあ、カッコ良かったですね。
 ちょっと意外なランディ・ブレッカーとマイク・スターンの共演も面白かったけれども、小曽根真とトム・ケネディとライオネル・コーデューのリズム・セクションがなんだかすごかった。
 特に映像としては初めて観たトム・ケネディのベースにはやられましたね。巧いのは当たり前として、独特の「軽み」があるので驚きました。ベースで軽みを出すのは案外難しい。
 ちょっとその「軽み」を味わっていただくためにこれを観てみてください。

 ちょっとジャコ的な粒立ちですよね。ここでもマイク・スターンと共演していますが、二人はその「軽み」において共通しているようですね。フュージョン的な感覚とでも言いましょうか。今となっては懐かしいセンスです。
 いちおうジャズ・ベーシストを目指している娘にぜひ見せたい動画があります。英語はよく分かりませんが、後半のデモンストレーション演奏は勉強になります。

 演奏後のインタビューで「トムはウッドベースがすごい」と共演者の誰かが言ってましたね。私は彼のウッドベース演奏を聴いたり観たりしたことがないので、さっそく検索。ありました。うむ、たしかにうまい。

 そんなトム・ケネディがメインとなった最近のアルバムが「Just Play」。彼の最高のベース・プレイをたっぷり聴くことができます。
 ソロもいいけれども、やはりリズム担当の際の動き方も絶妙ですね。そのあたりをじっくりお聴きください。

Amazon Just Play

|

« ネコ柄ネクタイ | トップページ | 『希望の牧場』 森絵都 (著), 吉田尚令 (イラスト) (岩崎書店) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60530393

この記事へのトラックバック一覧です: トム・ケネディ 『Just Play』:

« ネコ柄ネクタイ | トップページ | 『希望の牧場』 森絵都 (著), 吉田尚令 (イラスト) (岩崎書店) »