« 「チンする」…日本人の造語能力! | トップページ | バッグ2種 »

2014.09.25

追悼 C.ホグウッドさん

Th_chrishogwood しいニュースです。古楽の大家クリストファー・ホグウッドさんが亡くなりました。
 私の35年に及ぶ古楽歴の中で最も長く大きな影響を与えた人物でした。第三次古楽ブームの牽引者であり、オリジナル楽器による演奏や解釈を現代に定着させた功績は、間違いなく後世に語り継がれるでしょう。
 私も本当に彼の演奏(録音だけですが)を数限りなく聴いてきました。「軽い」と評された時もありましたが、それはある意味正統的であったということでもあります。
 彼を追随する人たちは比較的「奇」に走ったところがありましたが、ホグウッド自身はあくまでオーソドックスな形での現代性を追求していたと思います。
 そんなところに、若かりし私もちょっと物足りなさを感じた時がありました。しかし、今となってみると実に安心して聴くことができる随一の存在です。
 私は彼の指揮、あるいは演奏するヘンデルが好きでした。やはりバッハではなくヘンデルでしたね。
 特に最も良く聴き、自らの演奏の参考にしたのは「メサイア」でした。
 1984年のライヴ。まずは有名な「ハレルヤ」だけどうぞ。

 1995年でしたか、私も初めてメサイアをオリジナル楽器で全曲演奏しました。今では考えられませんが、コンサートマスターだったんですよね。ものすごいプレッシャーでした。
 とにかく隅々まで知る必要がありましたから、毎日のようにホグウッドの録音を聴き続けました。甘酸っぱい青春(?)の思い出です。
 そんな個人的な思い出にも浸りながら、またじっくりメサイア全曲を聴いてみたいと思います。
 どうか安らかにお眠り下さい。ありがとうございました。


|

« 「チンする」…日本人の造語能力! | トップページ | バッグ2種 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60376253

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 C.ホグウッドさん:

« 「チンする」…日本人の造語能力! | トップページ | バッグ2種 »