« 平沢峠(その1) | トップページ | 高松宮宣仁親王 『平和に寄す』 »

2014.09.05

平沢峠(その2)

 日の記事の続きです。
 今思いました。地学的な発想と宗教的な発想って、結局一緒ですよね。
 現代人は「理系」と「文系」みたいなアホな分け方をして、双方の距離を勝手に想定してしまいますが、もともとは一つですよね。どう考えても。
 たとえば富士山のような自然の造形に対して、私たちはある種の信仰心を抱きますよね。日本における原初的な祭祀の場というのは、ほとんどが地学的な特異地なのです。
 この平沢峠の「しし岩」も間違いなくそうだったでしょう。造形の不思議こそが、人間の力や想像を超えた「神」の存在予感そのものです。

Img_2584

 晴れているのもいいのもですが、こうして霧に煙った磐座もいいですね。ますます神々しいではないですか。
 昨日の記事に書いたように、地学的、力学的にも特殊な環境にあるこの地。特に太古はもっとダイナミックに生きていたと思われますから、人々は自然に対して強い畏怖の心を持ったことでしょうね。
 生徒たちはそんなこと全く感じずワーワー騒いでおりますが(笑)。
 さて、もう少し近い歴史ということで言いますと、この峠はまた違った興味のわく場所であります。少し離れたところにこんな案内板が。

 Img_2580

 なるほど、韮崎から佐久方面への古道か。諏訪、佐久、韮崎。この八ヶ岳、蓼科山を囲む三角形というのはなんとなく気になりますね。ミシャグジ的に。「サク」も「シャグ」と同源であるとも考えられます。
 平沢峠から少し下りますと、「平賀源心の胴塚」というものがあります。

Img_2586

 平賀源心(玄信)は武田晴信(信玄)16歳の時の初陣の相手とも伝えられています。その時、亡骸が重すぎて、この地で首を斬り落とし、胴体だけ埋葬したと言います。首塚は麓の若神子にあります。
 首のない武将の幽霊とか出そうですよね。夜な夜な自分の首を探して彷徨うとか…生徒にそんなことを言ったら、ここでは大いに盛り上がりました(笑)。
 峠には必ず物語があります。「峠マニア」がいるのも分かりますね。やはり、地学、地政学、歴史学、文学、宗教学は一つですなあ。
 将来ヒマが出来たら、そういう総合的な旅をして日本中を回りたいなあと思いました。

|

« 平沢峠(その1) | トップページ | 高松宮宣仁親王 『平和に寄す』 »

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60274259

この記事へのトラックバック一覧です: 平沢峠(その2):

« 平沢峠(その1) | トップページ | 高松宮宣仁親王 『平和に寄す』 »