« 原爆と理研と天皇と仲小路彰と | トップページ | テレマン 『フルート・ヴァイオリン・チェロの為の協奏曲イ長調』 »

2014.08.09

トーキョースカジャンボリー vol.4

東京スカパラダイスオーケストラ presents
Th_img_1940 やぁ、楽しいですねえ。音楽はこうじゃなきゃ!
 昨日チケットが手に入りまして、途中まででしたが行って来ましたよ。
 実はこの大イベントのオープニングアクトに、ウチの学校のジャズバンド部が出まして、まあウチの娘もベース担当でステージに上がっていたのです。
 正直うらやましい…。1万人近いであろう人たちの前で演奏するなんて。それもあんなに盛り上がってくださる皆様の前で。
 生徒たちは本当に素晴らしい体験をしていると思います。いつもスゴイ仕事を取ってくる顧問の先生に感謝。
 私もいろいろなコンサートやフェスに行ったり出たりしてますけど、いやはやスカはすごいですね!
 お客さんの質が高い!?奏者と観客の一体感は格別でしたね。
 ウチの学校も含めて決してスカではないジャンルもけっこうありましたが、ジャンルを超えて皆さん盛り上がる。
 もちろんフェスですから「祭」に参加しているという意識が高いでしょうし、せっかく遠くから来たのだから100%以上楽しもうという気持ちになるのは当然ですけれど、それにしても全体的な高揚感というのはすごかった。
 ああいう雰囲気ですと、演奏する側のパフォーマンスも神がかり的になりますよね。娘も中3にして、そんな体験をしたようです。
 おかげで「絶対プロになる!」と言い始めています(笑)。まあ、たしかにやる気出るよなあ。うらやましい…。
 ほら、最近ロックバンドのライヴでの「振り」について苦言を呈したじゃないですか。いくら日本人とはいえ1拍目3拍目でアクセント持ってくるのはねえ。民謡じゃないんだから。
 それに比べて、スカはもちろん究極の裏打ちですよね。日本人にとっては苦手なはずですが、さすがスカファンの皆さんはノリがお上手でしたね(当たり前か)。私もついついつられて年甲斐もなく体を動かしてしまいました。
 今や裏打ちが上手なのは、スカファンとオタクだけ?w
 スカパラも結成25周年だそうですね。日本にスカを根付かせた功績は多大であります。ごくろうさまでした。

トーキョースカジャンボリー

|

« 原爆と理研と天皇と仲小路彰と | トップページ | テレマン 『フルート・ヴァイオリン・チェロの為の協奏曲イ長調』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/60126321

この記事へのトラックバック一覧です: トーキョースカジャンボリー vol.4:

« 原爆と理研と天皇と仲小路彰と | トップページ | テレマン 『フルート・ヴァイオリン・チェロの為の協奏曲イ長調』 »