« 伊豆の高嶺の鳴沢 | トップページ | 『縄文の息吹今も 信州・諏訪のおんばしら』 萬治友美 »

2014.05.27

タヒ体遺棄

20140527_160216

 きなり変なタイトルですね。文字化けではありませんよ。
 初めてニュースでこの文字列を見たので、思わず感動してキャプっておきました。
 「タヒ」は「死」のネットスラングだと思っていたら、もはやスラングではないのですね。だってニュースで使われているんだもの。
 上の画像を見てお分かりのとおり、「死体遺棄」が「タヒ体遺棄」になっています。どうすると、ネットのニュースのテキストがこうなるんでしょうね。印刷したものをOCRで読み取ったわけではないでしょうに。
 ということは、やはり意図的に、あえて「タヒ」としたということですか?
 ご存知ない方のためにいちおう説明しておきますと、ネットの掲示板などで「死ね」と書くと犯罪になってしまうので、検索にひっかからないように似た字形になる「タヒね」や「タヒね」を使ったのです。
 ちなみに、そこから派生して「タヒる」は「死ぬ」を表すようになりました。「ダブる」とか「サボる」とか「事故る」と同じ理論での動詞化ですね。何かに「る」をつければ即動詞の完成。
 なんだかワケのわからん文化だなと思うのは早計でして、「死ぬ」という言葉はずっとずっと昔から忌み言葉とされてきました。その代替となる言葉を模索してきたのです。
 「亡くなる」とか「逝く」なんていうのもそうです。偉い方に対しては、「崩御する」とか「お隠れになる」とか「神去る」とか、あるいは「入滅」とか、いくらでも挙げることができますよね。
 「タヒ」もその延長線上になくはない。あるいは漢字を分解して表現するということでは、「女」を「くのいち」と言ったりするのにも似ていなくもない。
 まあ、それはそうとしても、なぜにニュースで「タヒ」が使われたのでしょうか。もしかして見つけられるかどうかのゲーム?間違い探しとか(笑)。
 それも「タヒ体遺棄」という使い方は非常に斬新であります。もしかして世界初かもしれませんね…と思って検索したら何件かありますね。それから今回の記事も(笑)。
 う〜ん、それにしてもなあ、なんでこうなっちゃったのかを知りたい。知りたい。知りたい。
 誰か教えてください!
 というか、この事件恐ろしいですね。この文章も冷静に考えるとかなり怖い状況です。

|

« 伊豆の高嶺の鳴沢 | トップページ | 『縄文の息吹今も 信州・諏訪のおんばしら』 萬治友美 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/59714206

この記事へのトラックバック一覧です: タヒ体遺棄:

« 伊豆の高嶺の鳴沢 | トップページ | 『縄文の息吹今も 信州・諏訪のおんばしら』 萬治友美 »