« 富士山は大和の国のホームボタン | トップページ | 歌謡曲バンドふじやま LIVE in 山梨フリンジマーケット »

2014.04.05

You Really Got Me

 日は久々に歌謡曲バンドのライヴです。今日1回だけ練習しました。アドリブ得意な人たちなので、尺さえ合っていればもう大丈夫(?)。
 あとは気合いです(笑)。
 今日の深夜、ちょうど気合いの入る番組をやっていましたので観ました。
 以前もちょっと紹介した、みうらじゅんと安齋肇の「笑う洋楽展」。ついにレギュラー化したということで、新シリーズの第1回は「胸毛男」というテーマ(笑)。まあ、笑えました。気合いが抜けました(笑)。
 で、その1曲目で紹介されたのが、ヴァン・ヘイレンの「ユー・リアリー・ガット・ミー」のヴィデオでした。

 まあ、たしかに昔はロックと言えば「胸毛」でしたよね。つまり、男らしさ、男のセクシーさの象徴として胸毛(からヘソ毛にかけて)があったわけです。
 今や、男子も脱毛などという時代。困ったものです。
 ところで、このヴァン・ヘイレンの「ユー・リアリー・ガット・ミー」、1978年のシングルということで、当時14歳の私も大いに刺激を受けた記憶があります。このギター・リフだけはできるというロック少年でした(あと、スモーク・オン・ザ・ウォーターか)。
 今日、お二人がツッコんでましたが、この「ユー・リアリー・ガット・ミー」が収録されているヴァン・ヘイレンのデビュー・アルバム「炎の導火線」、当時はかっこいいネーミングだと思ってましたけど、考えてみると「炎の導火線」って変ですよね(笑)。もう燃えてるじゃん。「導火線の炎」ならまだ分かるけど。
 皆さんもご存知のとおり、この「ユー・リアリー・ガット・ミー」はキンクスのヒット曲のカヴァーです。
 キンクスのオリジナル・ヴァージョンは1964年8月、すなわち私が生まれたまさにその月に発売されたものです。

 かっこいいですね〜。シンプルかつパワフル。永遠のロックの名曲です。
 最近ではメタリカがカヴァーしてますね。これもかっこいい。とにかく2分台で潔く終わるところがいいですよね。

 さあ、私も明日は胸毛全開で頑張るぞ〜(ウソ)。

Amazon 炎の導火線

|

« 富士山は大和の国のホームボタン | トップページ | 歌謡曲バンドふじやま LIVE in 山梨フリンジマーケット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/59419576

この記事へのトラックバック一覧です: You Really Got Me:

« 富士山は大和の国のホームボタン | トップページ | 歌謡曲バンドふじやま LIVE in 山梨フリンジマーケット »