« モバイルプロジェクターWis KVD-Z240K (神田無線電機) | トップページ | SWITCHインタビュー 達人達(たち)「石川さゆり×千住博」(NHK Eテレ) »

2014.04.25

落語「猫の皿」

Th_img_8790 雪以来、ウチに居候している元ノラ猫のシローさんが人気です(笑)。
 シローさん、ノラ時代に相当ケンカっぱやかったのか、満身創痍です。病気ももらっていてけっこう大変なはずですが、全然そんなこと気にせず、とにかく天真爛漫、楽天的でファンキーな生活を送っています。
 なんか見習わなきゃなあと思いますよ。
 ところで、病気やケガが治るようにと思ってですね、シローさんにウチの家宝の茶碗で水飲ませたりしてます。猫に小判ならぬ、猫にお宝であります(笑)。今日はそんな「噺」をお聴きいただきます。
 ウチの家族はいわゆる猫キチですから、猫ならなんでも何しても可愛いのですが、嫌いな人にとっては、まあいろいろ気に障ることばかりでしょうね。それも理解します。
 本当は猫が嫌いな人が好きなフリをするという面白さも味わえる、古典落語の「猫の皿」。オチももちろん面白いのですが、そんなプロセスもなかなか味わい深い。猫好き&猫嫌いにとっては「たまらない」描写の連続です(笑)。
 今日は四人の咄家による「猫の皿」をお聴きいただきましょう。ジャズのスタンダードを演奏するがごとく、それぞれに変化するディテールが実に面白い。
 まずは五代目古今亭志ん生から…と思ったけれども、ここはあえて三代目古今亭志ん朝から。とにかく聴いてみてくださいませ。面白いですよ。

 いやあ、いいリズムでしたねえ。リズムに乗って乗りすぎたところでストンと落とされる快感(笑)。
 で、ここで師匠の三代目古今亭志ん生。全く違うアレンジです。いや、本はほとんど同じと言えますが、よく聴くと無駄がない。しかし、独特の間のおかげで時間はたっぷりかかっていますね。

 続いて十代目柳家小三治。マクラも含めてシンプルです。奇をてらわずやりすぎずの王道ですね。筋は前二者とはちょっと違っていますね。

 最後は、かなり思い切った翻案になっている立川志の輔。立川流らしく現代風に、またスタイリッシュに演じられています。

 やりすぎと感じる人もいたことでしょう。ま、これが立川流ということで。これはこれで楽しいですね。
 私も自己流でやってみようかな(笑)。コント部で勉強のために落語もやってみようかと思っております。

|

« モバイルプロジェクターWis KVD-Z240K (神田無線電機) | トップページ | SWITCHインタビュー 達人達(たち)「石川さゆり×千住博」(NHK Eテレ) »

ペット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/59533452

この記事へのトラックバック一覧です: 落語「猫の皿」:

« モバイルプロジェクターWis KVD-Z240K (神田無線電機) | トップページ | SWITCHインタビュー 達人達(たち)「石川さゆり×千住博」(NHK Eテレ) »