« あんしん監視カメラ for iPhone | トップページ | 「disappointed」とは »

2013.12.29

「へこたれる」とは

1312_05 日「チョップ(手刀)の神秘」の記事で触れた、力道山没50年追悼記念興行『プロレスの力』がサムライで放送されていたので観戦いたしました。
 デビュー戦を親子タッグで勝利した「力(ちから)」選手が、試合後のインタビューで「へこたれることなく…」という言葉を使っていました。
 なんかプロレスで「へこたれる」という古典的な言葉を聞くのは久しぶりのような気がして、逆に新鮮でありました。
 へこたれる…皆さんはこの言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
 力選手は、一般の辞書の冒頭にある「つらくて中途でくじける。だめだと思って元気をなくす。まいって途中でほうりだす。へたばる」という意味で使ったのでしょうね。
 プロレスはまさに「へこたれない」姿、心を表現する文化です。特に日本のプロレス文化は。
 「へこたれる」は「へこ」と「たれる」に分かれます。そう、無理やり漢字で書くなら「凹垂れる」なのです。
 つまり「凹む」と「垂れる」の組み合わさった言葉なのです。たしかにそういうイメージありますよね。
 語誌的に言いますと、この言葉はそんなに古い言葉ではありません。江戸時代に使われ始めたと思われます。
 古い用法を見ると、「座る」「くたびれて腰を下ろす」という意味で使われています。「マア下にへこたれなさろ」のように。
 それが明治になって、比喩的に心理状況を表すようになりました。「心が折れる」というような意味ですね。
 ところで、「へこむ」という言葉ですが、その「へこむ」ことを表す擬音語(擬態語)として、「ペコっと」とか、「ペコペコ」とか言いますよね。
 そう、日本語の「はひふへほ」は上古は「pa pi pu pe po」と発音されていたと考えられているんです。だから、「へこむ」は「ペコム」と発音されていたのです。オノマトペとしては古い形が残ったわけですね。
 同様の現象としては、「ひよこ」と「ピヨピヨ」の関係が思い出されます。古くは「ピヨコ」だったわけですね。
 おならの「屁(へ)」や排泄を表す「ひる」なども「ペ」「ピ」という音から生まれた言葉かもしれません。
 じゃあ「母(はは)」は?そうなんです。古代にはお母さんは「パパ」だったわけです(笑)。面白いですね。
 おっと話が逸れました。
 「へこたれる」は「凹垂れる」。たしかに凹んで垂れちゃうというのは最悪な状況ですね。私も「へこたれることなく」頑張りたいと思います。
 
 

|

« あんしん監視カメラ for iPhone | トップページ | 「disappointed」とは »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/58846722

この記事へのトラックバック一覧です: 「へこたれる」とは:

« あんしん監視カメラ for iPhone | トップページ | 「disappointed」とは »