« 谷川徹三による出口王仁三郎「耀わん」評 | トップページ | もう一つの富士山(その7) 太宰治『富嶽百景』 »

2013.11.30

あらためて大東亜戦争を考える

 常に勉強になりました。
 先日、『防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織』の記事で特定秘密保護法案に関して述べた最後に、次のように書きました。

 しかし、そこには何か非常に大切な視点が欠けているようにも感じる。
 私もその視点を学校で習ってきませんでした(逆の意味の特定秘密が保護されてきた?)。今、自分は教師として、あえてその視点も教えていきたいと思っています。あくまでも、未来の人類が「理想」に近づくために。

 今日はここで言う、「非常に大切な視点=逆の意味の特定秘密」が語られた素晴らしい討論を紹介します。反対派(反日派?)の方もぜひご覧いただきたい。そうしてから是非理想を掲げて反対していただきたいと思います。
 私たち日本人が知らないこと、知らされていないことがこれほどあるのです。いろいろなことを議論するなら、やはりフェアな場でやりたい。
 バランスを取るために、このような「地上波では絶対に放送されない」番組も皆さんに観て、聴いていただきたいのです。
 もちろん、ここでの議論は一つの判断材料にすぎません。それこそイデオロギーの押し付けはいけませんからね。
 しかし、おそらくは「日本人」にとってはあっという間の3時間でしょう。勉強することは楽しいことです。


|

« 谷川徹三による出口王仁三郎「耀わん」評 | トップページ | もう一つの富士山(その7) 太宰治『富嶽百景』 »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/58675215

この記事へのトラックバック一覧です: あらためて大東亜戦争を考える:

« 谷川徹三による出口王仁三郎「耀わん」評 | トップページ | もう一つの富士山(その7) 太宰治『富嶽百景』 »