« 越乃鹿六 純米吟醸 (近藤酒造) | トップページ | 『大人が知るべき一覧表』 (アントレックス サプライズBOOK) »

2013.09.15

ジャコ・パストリアス/ビレリ・ラグレーン 『バードランド』

20130916_132720 日は娘の所属する富士学苑中学・高等学校ジャズバンド部とエリック・ミヤシロさんの共演を聴きに行って来ました。
 河口湖ジャズフェスティバルのトリとして登場の彼女たち。相変わらず魅力的な演奏を聴かせてくれましたよ。
 特にエリックとの共演は良かった。エリックの音楽性の大きさが、子どもたちをインスパイアしていて感動的。
 これですよね。ホンモノのミュージシャンとの共演体験の価値は。私も若い頃に、いや今でも経験していますよ。乗せられて自分の潜在的な才能が開発される瞬間。幸せですよね。
 ベース担当の娘も興奮していました。中2にしてそんな体験できるなんてうらやましい限りです。指導してくださる先生、そして一緒に演奏してくれる先輩、後輩たちに感謝ですね。
 親バカで申し訳ないのですが、私個人としては娘がジャコ・パストリアスが弾いた曲をやっていることに、なんとも言えない感慨をおぼえました。
 特にエリックとの共演「Birdland」、そして合同演奏の「Chicken」。若い頃にイヤというほどジャコの演奏を聴いてきましたからねえ。
 もちろん娘はまだまだですが、ジャコに憧れて真似しようとしているようですから、まあいろいろ壁にぶつかりながらも上達していくことでしょう(ちょっと悔しい…笑)。
 さてさて、なかなかかっこいいアレンジの「バードランド」を聴きながら、このライヴ音源のことを思い出していました。これ、すごいですよ。
 あの Live in Italy と同じ年、ドイツでのライヴです。ビレリ・ラグレーンのギターとジャコ・パストリアスのベース、そしてドラムというトリオによる「バードランド」。
 3人(ほとんど二人と言ってもいい?)で、これだけファンタジックなバードランドが実現できるんですからねえ。二人とも恐るべしです(特にビレリ)。
 まあ、とにかく聴いてみてください。さて、下の娘にギターを買い与えようかな(笑)。

Jaco Pastorius Trio - Birdland - Live 3/22/86

|

« 越乃鹿六 純米吟醸 (近藤酒造) | トップページ | 『大人が知るべき一覧表』 (アントレックス サプライズBOOK) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/58204008

この記事へのトラックバック一覧です: ジャコ・パストリアス/ビレリ・ラグレーン 『バードランド』:

« 越乃鹿六 純米吟醸 (近藤酒造) | トップページ | 『大人が知るべき一覧表』 (アントレックス サプライズBOOK) »