« ジェイク・シマブクロ 『143』 | トップページ | 消費税増税の裏に何があるのか… »

2013.09.29

告知…11/9『トークと歌・古楽アンサンブルで親しむ“パーセルのオペラ”』で演奏します。

50fly1

2013年11月9日(土)午後2時開演(1時半開場)
横浜市開港記念会館講堂

入場料: 3000円(前売り・予約 2500円)(全自由席)

 オペラ
「ディドとエネアス」 抜粋 
「妖精の女王」より アリア・合唱 他  

朝岡聡さんのご案内による演奏会形式のコンサートです。
 
出演

ゲスト  
木島千夏(ソプラノ)
藤井大輔(バスバリトン)
小野萬里(バロック・ヴァイオリン)
櫻井茂(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
寺村朋子(チェンバロ)

アンサンブル山手バロッコ(朝岡聡主宰)
朝岡聡(お話、リコーダー)   
加藤詩菜(ソプラノ)、曽禰愛子(メゾソプラノ)、並木隆浩(テノール)、曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ、リコーダー)、角田幹夫、原田純子、山口隆之、小川有沙(バロック・ヴァイオリン、ヴィオラ)、飯塚正己(コントラバス)

詳細、チケット購入はこちら

 日の結婚式から江戸で車中泊して、今日は一日演奏会へ向けての練習。
 5弦ヴァイオリンで即興演奏から、バロック・ヴァイオリンでパーセルへ。ジャンルは違えど音楽のスピリットは変わりません。まず自分が楽しまなければ。
 私は久しぶりの練習参加。超一流のプロの方々と練習するというのは、ある意味プレッシャーもありますけれども、しかし、やはり発見が多くてとにかく楽しい。こういう勉強は楽しいよなあ。学校でもこんなふうな体験をさせられればなあ。
 これは楽しみな音楽会になりそうですよ。ぜひ皆さまにおいでいただきたい。
 あらためてパーセルという作曲家の天才性を確認させられます。何度かブログにも書きましたが、彼がもっと長生きしていたら、近代音楽は全く違った進化をしていたかもしれません。
 あるいは、彼が現代に生まれていたら、どれほど画期的な音楽を創っただろう。そんな妄想をもかきたてる音楽たちです。
 …と、言葉で語るより、聴いて観ていただくのが良いかと。ホグウッド指揮による「ディドとエネアス」です。この演奏、舞台もすごいな。


 

|

« ジェイク・シマブクロ 『143』 | トップページ | 消費税増税の裏に何があるのか… »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/58292890

この記事へのトラックバック一覧です: 告知…11/9『トークと歌・古楽アンサンブルで親しむ“パーセルのオペラ”』で演奏します。:

« ジェイク・シマブクロ 『143』 | トップページ | 消費税増税の裏に何があるのか… »