« ラモス瑠偉さん講演会 | トップページ | のど自慢本選(の真実) »

2013.07.13

のど自慢予選

予選の様子はモニターでニアライブ↓
Img_6912 日のNHKのど自慢は富士吉田市ふじさんホールから。
 ウチのカミさんは当然のごとく応募いたしました。まずは書類選考。話によると800以上の応募があったとか。そして、その中から250組が選ばれ、今日の予選を迎えました。
 4時間以上に及ぶ予選。250組が40秒ずつ歌います。ウチのは113番で真ん中辺り。今思えばちょうどいいくらいの順番でしたね。ちなみに順番は曲名のあいうえお順です。
 「愛の…」という曲を選ぶと早めの順番になりますので、あえてそれを狙ってきた方もいらっしゃいました。
 なにしろ250組の中から20組に絞られる予選です。12.5倍の競争率。けっこう厳しいですよね。
 それも、ただ歌がうまければいいわけではない。NHKの番組の素材として使えるかが大切です。
 ウチもその辺に関しましてはぬかりなく準備しました。いちおうNHKへの出演は数回ありますので、その空気感はよくわかっているつもりです。
 それにウチのはウチの歌謡曲バンドで舞台慣れしている、いやそれ以上に「生バンド」慣れしているので、そこは非常に有利だったでしょうね。カラオケとは全く違いますから。
 バンドとのアンサンブルは経験しないと分かりませんからね。それからマイクワークなんかもそう。カラオケのエコー効きまくり、モニターが目の前にある世界とは全然違う。
 というわけで、おかげさまでウチのは合格をいただきまして、明日の本選生放送に出ることになりました。
 曲は我々のバンドで何度も歌った岩崎宏美さんの「思秋期」です。三木たかしの楽曲でしょう、やっぱり。
 それにしてもあのバンドすごすぎ…。250曲を連続演奏ですよ。唱歌、演歌からロック、最新のポップスまで、とっかひっかえ40秒ずつ完璧に演奏する!
 そして、歌に合わせてテンポはもちろん、場合によって瞬時にキーを変えて合わせる。入りを失敗したりしたらちゃんとガイドメロディーを弾く…などなど、まああまりの職人芸にこちらバンドマンは萌え萌えです。
 それにしてもキーボード(シンセサイザー)4台のウチ3台がDX7ってとこがスゴイなあ。そして、実際いい音してる。1983年発売、ちょうど30年前の製品ですぞ!
 途中ジャズバンド部の練習を終えた娘が合流しましたが、ベースの方のパフォーマンスに驚嘆しまくり、将来はあの仕事に就く!と真剣に言っていました(笑)。いや、いいと思うよ。
 予選終了後は夜までいろいろと打ち合わせやら音合せやら。番組を作る大変さがよく分かりましたねえ。特に素人出演の生放送ですからね。その緊張感たるや凄まじいものがあるでしょう、スタッフとしては。
 プロデューサーさん、ディレクターさんのみならず、小田切千アナウンサーの下準備もすごいものがあります。
 これを毎週やっているんだと思うと、もう尊敬モノですね。プロのお仕事だわ。かっこいい。
 ウチの歌謡曲バンドもこうして日本中を旅して歩きたいなあ…その第一歩として(?)、明日の本選でとにかくキンコンカンコン鳴らすことですな。
 まあ頑張ってもらいましょう。よろしかったらテレビで応援してください。
 ワタクシとしては、ゲストの北島三郎さん、天童よしみさんの生歌が聴けるのも楽しみであります。

のど自慢公式

|

« ラモス瑠偉さん講演会 | トップページ | のど自慢本選(の真実) »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

録画予約もしました。
楽しみです~

このブログ拝見するまで、「のど自慢」富士吉田開催を
知りませんでした。
知っていたからといって何か行動する訳ではないのですが・・・(笑)

私は時々、レッスンでテレビのテーマ曲やCM曲を生徒に
弾いて聴かせるのですが、(教育目的ではなく、趣味です)「のど自慢」のテーマが通じなくなってきました。
淋しいと思っていたところです。

なんかワクワクしますね~

居間でごろごろしながら、応援してますよ~
bleahgood

投稿: yuzuki | 2013.07.14 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/57787056

この記事へのトラックバック一覧です: のど自慢予選:

« ラモス瑠偉さん講演会 | トップページ | のど自慢本選(の真実) »