« 『日本が世界一「貧しい」国である件について』 谷本真由美 (祥伝社) | トップページ | 郡内と植田は富士の裾廻し »

2013.05.17

安倍総理「成長戦略第2弾スピーチ」

 日の安倍総理のスピーチはなかなか良かった。政治家は「まつりごと」の基本は、民の心を無理やりにでも動かすことです。祭というのはそういうことです。
 たとえば、アベノミクスという「言葉」には「お囃子」効果があるわけです。あるいは憲法改正論議もそうです。戦後ずっと硬直化し無意識化していたモノを、コトを使って眠りから覚まさせるのです。
 結果9条なんか変わるわけないのですが(その理由はどこかに書きました)、ただ論議は必要なのです。
 ここのところずっと私が書いてきた1%の荒魂の働きによって99%の和魂が活性化するんです。
 ある意味「政治」とはそういうものなのですね。ハッタリでもなんでもいい、コト(言霊)によって総体たるモノを突き動かし、世界の生命力を保つのです。
 そういう意味において今回の安倍さんのスピーチは良かったと。エンジンのスターターたる「集団気分」を動かすには充分だなと。
 もちろん、エンジン始動後が大切なのは当然です。しかし、一方でどんな優れたF1エンジンも、始動しなければただの屑鉄です。最初の発火は大切なのです。
 ぜひ全編ご覧ください。具体的な「コト」がたくさん示されています。ユーモアというエンジンオイルもいい感じですよ。
 もちろんツッコミを入れながら聞くのもいいものです。ツッコミもまた大切なスターターですからね。

|

« 『日本が世界一「貧しい」国である件について』 谷本真由美 (祥伝社) | トップページ | 郡内と植田は富士の裾廻し »

ニュース」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/57408741

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理「成長戦略第2弾スピーチ」:

« 『日本が世界一「貧しい」国である件について』 谷本真由美 (祥伝社) | トップページ | 郡内と植田は富士の裾廻し »