« 「イケメン」についての考察 | トップページ | 『児玉誉士夫 巨魁の昭和史』 有馬哲夫 (文春新書) »

2013.04.25

追悼 田端義夫

21198331 タヤン逝く…94歳。90歳を超えて現役だった彼こそがイケメンだった。
 田端義夫さんが生まれたのが大正8年。1919年。歴史で習う年号です。ヴェルサイユ条約調印、ワイマール憲法成立。
 大正、昭和、平成を歌とギターとともに生きたバタヤン。誰にも真似のできない唯一無二の境地に至っていた方でした。
 弦楽器弾きとしては、彼の歌はもちろんギターの演奏に、まさに心震わせたものです。なんでこんなに心に訴えかけてくるんだろう。
 Charさんだったかなあ、誰かが言ってたよなあ。田端義夫さんはすごい!って。ギター弾き語りの元祖だって。
 田端さん自身、ディックミネさんに憧れて始めたと言っていますから、その歴史的事実は違うとしても、やはりそのスタイルを70年以上貫いたのだから、元祖でも本家でも神でもいいと思います。
 ああやって、ギターを歌の旋律に合わせて(沿わせて)爪弾くのは、明らかに純邦楽の伝統であります。長唄、端唄、小唄の三味線。
 コードを弾くのではなく、ギターも一緒に唄わせたり、泣かせたりするんです。それこそが日本の音楽における「伴奏」「弾き語り」の伝統です。
 あの構え方も瞽女を思い浮かべさせますよね。
 あのギターに対する愛情も尋常ではなかった。物に対する愛着というのも、私たちが忘れてしまった大切なことなのではないでしょうか。特に音楽家にとっての楽器の存在。モノの音を招くコト(琴)の存在。
 今日はいくつの動画を拝見拝聴しながら、バタヤンの功績を偲び、ご冥福をお祈りしたいと思います。

「かえり船」

語り「ブラジル公演の思い出」

「赤とんぼ」


|

« 「イケメン」についての考察 | トップページ | 『児玉誉士夫 巨魁の昭和史』 有馬哲夫 (文春新書) »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/57244427

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 田端義夫:

« 「イケメン」についての考察 | トップページ | 『児玉誉士夫 巨魁の昭和史』 有馬哲夫 (文春新書) »