« 逆・教育勅語 | トップページ | 『陰謀史観』 秦郁彦 (新潮新書) »

2013.04.29

お疲れ様!愛川ゆず季選手

Img_6461 日は東京で6月1日のコンサートの練習。
 練習場所が新宿御苑に近かったので、まずはいつもパワーをいただいている巨木(この木なんの木…実はなんの木か知らない)にご挨拶。
 昭和の日ということで、今日は無料開放日。家族連れをはじめ老若男女が、本当にたくさん集まっていました。なんとも平和な気持ちになりましたね。ああ、日本はいいなあ。
 まあ、昭和の日が昭和天皇の誕生日だとは知らない子どももたくさんいたことでしょうし、大人でもこの場所で昭和天皇の大喪の礼が行われたと知らない人も多数いたでしょう。
 それでもいいところが、いかにも日本らしいですね。
 さて、コンサートの練習は…途中牧伸二さんの訃報にショックを受けたりはしましたが、まあつつがなく終わり、明大前を経由して渋谷に移動。
 渋谷では「氣脈の集い」に参加しました。本当にいろいろな方の純粋な魂と高い志に触れることができ、こちらでもパワーをいただきました。
130429_yuzupon_10_11 そんなこんなでいろいろ書きたいこともありますけれど、今日はやはりこの人に「お疲れ様」「ありがとう」と言いたい。
 愛川ゆず季。
 深夜に富士山に帰って来て、ニアライブの録画を観ました。ゆずポンも泣いてたけど、私も年甲斐もなく涙ポロポロ…。
 最後の試合も気持ちの入ったいい試合でした。
 プロレスって人生なんですよ。思い、感情なんです。たった2年半でしたが、本当に見事な人生劇場を見せてくれました。ありがとう。
 微笑む、怒る、睨む、耐える…いろいろな表情に感動しました。正直可愛いと言うよりもカッコイイと感じていました。
 女性のいろいろな側面を見せてくれたとも言えますし、人間として社会と闘う姿を見せてくれたとも言えましょう。
 プロレスラー、グラビアアイドル(それも崖っぷちアイドル)、双方とも社会からの偏見にさらされますからね。
 偏見を持っている方々、彼女の闘う姿を観たことがない方々には、ぜひ実際の試合の映像に触れていただきたい。
 やっぱり高橋奈苗選手に勝った試合と…

 里村明衣子戦かなあ…

 対戦相手の両ベテランの素晴らしさももちろんですが、ゆずポンの気持ちの強さ、折れない心に感動ですよ。
 実力も人気も絶頂の今、潔い引退を決意した彼女には、なんか男が忘れてしまった武士の魂を見るようでもあります。
 本当にありがとうございました。そしてお疲れ様!幸せになってください。
 

|

« 逆・教育勅語 | トップページ | 『陰謀史観』 秦郁彦 (新潮新書) »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/57278067

この記事へのトラックバック一覧です: お疲れ様!愛川ゆず季選手:

« 逆・教育勅語 | トップページ | 『陰謀史観』 秦郁彦 (新潮新書) »