« 『日本破滅論』 藤井聡・中野剛志 (文春新書) | トップページ | 『意識と本質−精神的東洋を索めて』 井筒俊彦 (岩波文庫) »

2013.01.22

キース・ジャレット 『Hymns/Spheres』

41gceygrtll_sl500_aa300_ 5月にキース・ジャレット・トリオの最終公演があります。さっそく4枚チケットを取りました。
 キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットのトリオは、今年で結成30周年。この30年間に彼らが成したことは、ジャズというジャンル、いや音楽というジャンルを超えて、あまりに偉大でした。
 人間の魂と技術の極致。言うなればモノとコトの最高の止揚を達成でしょうか。それを複数(それも二人ではなく三人)の人間で成し得たというのが、人類にとって大きな出来事だったと思います。
 ゲイリーの体調が思わしくないというのが、トリオ解散の理由なのでしょうか。はたしてこのレベルでのトリオ(あらゆるジャンルでの三人組)が次に現れるのは何百年後なのでしょうか。
 その最後の瞬間をしっかり味わってこようと思っています。楽しみというか、敬虔な気持ちになりますね。
 思えば、キースのトリオ(スタンダーズ)のライヴは過去3回しか経験していませんが、そのいずれもが、音楽を超えた宗教にも近い体験でしたね。あれは本当に言葉で表現できないし、CDやDVDでは記録できない至高の時空です。
 まだチケットは手に入れられそうですから、皆さんもぜひどうぞ。
 さてさて、今日はそんなキースの古い録音を一つ。トリオではありませんし、ピアノ演奏ではありません。
 私は、彼のピアノ以外の演奏も大好きで、このブログでもつい先日ひょんなきっかけからクラヴィコードによる演奏を紹介しましたっけ。
 今日のはパイプオルガンです。最近ようやくノーカット版がCD2枚組で出たんですよね。私は今から20数年前、輸入盤中古LPで聴きました。
 これもすごい即興演奏ですよ。あの銘器オートボイレンのオルガンを駆使して、そうすトップみならず、パイプの開閉などを調整して、完全にジャンルを超えたオルガンの可能性を引き出しています。
 オットーボイレン修道院の1766年カール・ヨーゼフ・リープ作の歴史的オルガンも、まさか200年後にこんな形で演奏されるとは思ってもみなかったでしょう。
 おっと、YouTubeにLP盤の音源がノーカットでアップされていました!
 スクラッチノイズもまた風情がありますな。さてCDも買おうかな。

Amazon Hymns/Spheres


|

« 『日本破滅論』 藤井聡・中野剛志 (文春新書) | トップページ | 『意識と本質−精神的東洋を索めて』 井筒俊彦 (岩波文庫) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/56605350

この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレット 『Hymns/Spheres』:

« 『日本破滅論』 藤井聡・中野剛志 (文春新書) | トップページ | 『意識と本質−精神的東洋を索めて』 井筒俊彦 (岩波文庫) »