« 「目には目を、歯には歯を」の本当の意味 | トップページ | 『あなたは英語で戦えますか…国際英語とは自分英語である』 鈴木孝夫 (冨山房インターナショナル) »

2012.10.11

驚愕のラプソディー・イン・ブルー…植木等ショー『われもし指揮者なりせば』

Gershwin 年もまたジョージ・ガーシュインの勉強をしています。どういう因縁なんでしょうね。ま、今回も生徒のおかげですが。
 そうした因縁に関することや、私のガーシュイン観、ラプソディー・イン・ブルー観については、4年前のこちらの記事をご覧ください。今も基本同じことを感じています。
 さて、今日はそんな、ある意味で破天荒だったガーシュインもビックリというラプソディー・イン・ブルーを紹介します。これはすごいですよ。
Hitoshi_ueki もう解説は抜きです。理屈なんかどうでもいい。植木等の、クレイジー・キャッツの、当時の芸人さんの、あるいはテレビ番組の、そしてガーシュインのすごさを実感していただければ、もうそれで満足です。
 植木等ショー「われもし指揮者なりせば」…(1966年12月28日放送)。共演は石丸寛指揮東京交響楽団。
 予想をはるかに上回る展開。そして、驚愕の結末(笑)。昔は良かったという言葉では片付けたくありませんね。今の我々も負けてはいけません。負けたくない。私はそう思いましたよ(笑)。
 では、ごゆっくりどうぞ。


|

« 「目には目を、歯には歯を」の本当の意味 | トップページ | 『あなたは英語で戦えますか…国際英語とは自分英語である』 鈴木孝夫 (冨山房インターナショナル) »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55871952

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕のラプソディー・イン・ブルー…植木等ショー『われもし指揮者なりせば』:

« 「目には目を、歯には歯を」の本当の意味 | トップページ | 『あなたは英語で戦えますか…国際英語とは自分英語である』 鈴木孝夫 (冨山房インターナショナル) »