« 『拉致と決断』 蓮池薫 (新潮社) | トップページ | (旧)三珠町と言えば…笑 »

2012.10.26

追悼 桑名正博

 まりに早すぎました。脳幹出血で倒れ、意識不明に陥ってからの頑張りも空しく、59歳で亡くなってしまいました。
 私にとっての桑名正博はまさしく「ロッカー」でありました。裕福な家に生まれ、苦悩の青春時代を送り、華々しくデビューを飾り、スキャンダルにまみれ、派手な結婚と離婚を経験し、その後は実業家として地道に働き、陰では慈善活動にいそしむ…この人生をロックと言わずして何と言わん。
 あまりにも有名な「セクシャルバイオレットNo.1」ですが、この曲のかっこ良さは、単に松本隆、筒美京平というゴールデンコンビによるものではありません。この曲のこの時代の先端を行くアレンジは、桑名さん自身によるものです。センスの良さが光っていますね。
 お年を召してからの桑名さんもまた、カリスマ性のある男らしさを醸し出していました。私はこの堀内孝雄さんとのセッションが大好きです。この人の音楽性、人間性、様々な才能というものが、桑名さん自身の演奏、歌、表情に現れていると感じます。

 少し話が逸れますが、彼の息子さん「美勇士」さんは「みゅーじ」と発音します。今では「みゅ」という音を持つ名前を時々見かけます(生徒にもいます)が、当時は非常に珍しかった。
 私の学問的師匠である金田一春彦さんが、いろいろな本の中で「(当時)和語の中で『みゅ』という音韻が認められるのは、山梨県の地名・人名にある『大豆生田』(おおまみゅーだ)と、最近あるロック歌手の息子さんにつけられた『美勇士』だけだ」と書いていました。
 その美勇士さんも31歳。一児の父親となっています。正博さんもお孫さんの顔を見ることができて良かった…いや、孫の成長をもっと見守っていたかったでしょうね。
 ご冥福をお祈りします。

|

« 『拉致と決断』 蓮池薫 (新潮社) | トップページ | (旧)三珠町と言えば…笑 »

ニュース」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55980111

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 桑名正博:

« 『拉致と決断』 蓮池薫 (新潮社) | トップページ | (旧)三珠町と言えば…笑 »