« 『黄金の国々―甲斐の金山と越後・佐渡の金銀山―』 (山梨県立博物館企画展) | トップページ | 鵜ノ島(うのしま) »

2012.10.18

スイッチバック(智慧と方便)

Fsb3 等生より問題児の方が可愛いし期待できる…。
 河口湖畔にて中学校の勉強合宿中です。そんなわけで時間がないので、過去に書いた文章を転載します。
 というのも、今日ちょうどある生徒にこの話をしたからです。
 この文章は5年ほど前に、自分が担任したクラス(高校のたった8人の特別進学クラス)の卒業に際して校誌に寄稿した文章です。
 私らしいなんとも軽い文体ではありますが、けっこう重い大切なことを書いていると思いますので、ぜひ皆様にも読んでいただきたい。
 では、どうぞ。縦書きにします。文中の「富士吉田駅」は今では「富士山駅」となっていますな。


   スイッチバック   三年五組担任 山口隆之
 頭を丸めた。口ではクラスの生徒たちのためとか言っているが、実は違う。君たちのために誰が髪の毛を剃るか。君たちもそんなことは分かっているだろう。ではなぜ。
 最近、私の中では仏教がブームだ。だから頭もちょっと丸めたのだ。全部丸める勇気はないのでちょっとである。そのへんがいかにも私らしく中途半端で好きだ。
 で、卒業していく君たちに私らしいメッセージを送る。中途半端にありがたい法話になるだろう。

 君たちが、自己中心的でありながら、しかし一方では過度に他力本願である理由は、そう、君たちがみんな末っ子だからである。これは私が発見した。そして、みんなも納得した。
 いや、正確に言うと、八人中、末っ子五人、一人っ子一人、真ん中一人、長女一人である。一人っ子はまあ考えようによっては末っ子だし、真ん中の彼はたしかに妹思いだが、しかし彼が世界一甘ちゃんであることは誰もが認める事実であり、つまり人類みな兄弟の末っ子みたいな奴である。さらに長女の彼女も宇宙一とは言わないが、太陽系一のマイペース女であるからして、これもまあ分類方法によってはリアル末っ子であろう。というわけで、全員末っ子。これはみんなも認めた。
 末っ子の特徴というか、特権というのは、最後尾につけていることから生じる。前の人についていけばよいし、ちゃっかり引っぱってもらうこともできる。前の人がうまくやっているのを見たらまねをすればよいし、失敗していたらそれこそ前轍を踏まないようにすればよい。風当たりも強くないし、後から言いたいことを言って全体を動かすこともできる。しまいには自分が失敗しても前の人のせいにする。一方、最後尾がごねるとたちが悪いから、前のみんなは変に気を遣う。
 というわけで、最後尾は一見得である。
 君たちはこんな具合なのだ。全員が最後尾なのだ。だからあっちこっち向いてバラバラ。最後尾車輌だけ集まっても、どこにも行けないのである。駆動車がないから。だから妄想だけは暴走していた。
 いや、君たちがとんでもない奴らだと言いたいのではない。そのまんまでは禅味がない。

 仏様の教えの中心にあるのは、「智慧」と「方便」である。
 「智慧」というのは、わかりやすく言えば「世の中の仕組みを知ること」だ。で、その世の中の仕組みとは「全ては縁によって成り立っている」ということである。自分一人では存在すらできないということ。それについては、みんなはよく知っている。かなりのエリートである。なにしろ、「人のせい」と「人のおかげ」でやってきたのだから。自己中心的であり、他力本願なのである。素晴らしい。智慧があるではないか。
 では「方便」とは何かというと、これは難しい。たぶん、みんなは知らないだろう。これに関してはみんなはかなり偏差値が低い。「方便」とは、簡単に言えば「利他の具体的な方法」のことである。人のためになるには何をしたらよいか。みんなは人のお世話になってばかりだったから、「方便」については考えたことがない。だから偏差値が低いと言ったのである。勉強してないんだから仕方ない。

 さあここからが本題だ。いきなり言おう。君たちの未来は明るい。これは確かだ。
 そう、「智慧」と「方便」の根本的な関係を考えると、君たちに明るい未来が見えてくるのである。つまり「智慧」あっての「方便」だということ。ものすごく簡単に言うと、人の「おかげさま」をたくさん感じた人ほど、たくさん恩を返せるということである。もっとくだいて言うと、人に迷惑をかけた人ほど、人のために尽くせる(可能性がある)ということ。智慧のお返しが方便なのだから。

 さあ、スイッチバックの時である。スイッチバックって知ってるか?列車が急坂を登る時、進行方向を変えることである。急坂ではないが、イメージとしては富士吉田駅における富士急行線だ。後が前になるだろう?坂が急すぎて直接登れない時、あんなふうに切り返しながら行くのだ。今まで、君たちは最後尾車輌だった。それが、突然先頭車輌になる。世の中や人生が急坂にさしかかった時、それが君たちの「報恩」の時である。今まで蓄積した「智慧」を大いに発揮するその時が必ずや訪れるだろう。


|

« 『黄金の国々―甲斐の金山と越後・佐渡の金銀山―』 (山梨県立博物館企画展) | トップページ | 鵜ノ島(うのしま) »

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

他力本願を極めようとの志がありましたが…
スイッチバック???方便???
勉強してないので解らない…伊能忠敬ロードですか…

投稿: 鈴陀 | 2012.11.06 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55926676

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチバック(智慧と方便):

« 『黄金の国々―甲斐の金山と越後・佐渡の金銀山―』 (山梨県立博物館企画展) | トップページ | 鵜ノ島(うのしま) »