« 耀わん「十和田」の旅 その1 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 1日目 »

2012.08.16

耀わん「十和田」の旅 その2

 きの終戦の日から一夜明け、我々家族は富士山への帰途に着くこととしました。
 帰りは日本海を回ります。途中いくつか出口王仁三郎(耀わん「十和田」)にゆかりのある神社に寄ろうと考えてのことです(それ以前に道が空いているので)。
 今日も写真を中心にご覧いただきましょう。

↓まずは鳥海山の大物忌神社里宮へ。裏側から入ります。
Gedc2284

↓鳥海山と王仁三郎の関係もかなり深いものがあります。彼の神話によると、艮(東北)に幽閉された国祖国常立尊に会うために、妻神である豊雲野尊がこの山まで来たということになっています。
Gedc4002

↓本殿も立派です。大物忌とはすごい名ですね。
Gedc4008

↓妙高、黒姫、戸隠などの霊山を見ながら長野県に入ります。
Img_5311

↓我々が目指すは長野市松代のスーパー霊山「皆神山」。
Uid000001_20100624090954b36a35fc

↓登山道の途中に「岩戸神社」が。これは古墳の石室のようですね。
Gedc4014

↓いよいよ皆神神社参拝です。私も久しぶり。
Gedc2310

↓本殿。すごい神気を感じます。普段は鈍感な家族もビシビシ感じるようです。
Gedc4022

↓のちに合祀された天地カゴメ之宮。諏訪神社もありました。
Gedc4025

↓王仁三郎の長女直日による歌碑。耀わんと一緒に記念撮影。光が降って来ましたね。
Gedc4029

↓王仁三郎による皆神山の解説も碑になっています。
Img_5323

↓奥宮として「富士山浅間神社」が鎮座!
Gedc4031

↓皆神山の頂上に富士山があるわけです。三国第一。
Gedc4030

↓浅間神社裏にある風穴?井戸?霊気が出ていました。
Gedc4035

↓木花咲耶姫と耀わん。
Gedc4041

↓突如として現れた輝く入道。達磨か?
Gedc4043

↓偶然宮司さんが出ていらしたのでご挨拶。「オニさんの茶碗はめったに見られない…」と感激されたよう。
Gedc4051

↓宮司さんが提灯を灯してくれました。
Gedc4055

↓突如、見事な裏後光が現れました!
Gedc4057

↓強風が吹き、稲妻が走り、そして雲に神像が…家族みんな驚きました。
Gedc4062


 いやあ、すごい旅でした。富士山に帰ってきたのは夜遅く。富士山は落ち着きます。耀わん「十和田」も本来の場所に戻りました。おやすみなさい。

|

« 耀わん「十和田」の旅 その1 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 1日目 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55442861

この記事へのトラックバック一覧です: 耀わん「十和田」の旅 その2:

« 耀わん「十和田」の旅 その1 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 1日目 »