« 第26回 都留音楽祭 1日目 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 3日目 »

2012.08.18

第26回 都留音楽祭 2日目

20120818_163349 年の音楽祭の全体合奏はシュメルツァーのレクイエムです。う〜むマニアックだ。
 これがなかなかいい曲です。不思議な転調や長七度の飛躍のある旋律など、まるでロマン派?
 ある意味では近代的な和声観やオーケストレーションが未完成なんですよね。それが不思議と新鮮に感じます。
 なんとYouTubeに冒頭のイントロ&キリエがありました。ちょっと聴いてみてください。

 なかなか面白い曲ですよね。シュメルツァーと言えば、私なんかは魅力的な数々の室内楽、特にあの美しいヴァイオリン・ソナタを思い浮かべます。

 さて、今回は3人の方が我が家に宿泊しております。夜ウチに帰ってからの小宴会もまた楽しいものです。
 チェンバロ&胡弓の渡辺敏晴さん、鍼灸の大矢裕子さんはいつものメンバー。そして、今年は初めて我らの仲間入りしたのが、ヴィオローネ(&コントラバス)奏者の徳島大蔵さん。
20120818_163434 徳島さんの弾いている8フィート・ヴィオローネはフィリップ・クイケンの作。ちょっと珍しいタイプの楽器です。ガンバともチェロとも16フィートのヴィオローネとも違う独特の音がいいですねえ。
 楽器のみならず、徳島さん自身も不思議な雰囲気を醸していまして(笑)、皆さんの注目を集めておりました。それもそのはず(?)、徳島さんはあの内村鑑三の玄孫だとのこと!なななんと!
 でも、そんなすごい血の流れる徳島さんも、カミさんも含めた私たち3人のぶっ飛んだ話に付いてこれない模様。いや、そのうちに慣れるでしょう(笑)。

|

« 第26回 都留音楽祭 1日目 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 3日目 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55456377

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 都留音楽祭 2日目:

« 第26回 都留音楽祭 1日目 | トップページ | 第26回 都留音楽祭 3日目 »