« 明見湖(はす池) | トップページ | 「歌謡曲バンドふじやま」ライヴ@富士山荘納涼祭 »

2012.07.26

手風琴(アコーディオン)登場

20120727_065842 日久々に歌謡曲バンドの活動があります。老人福祉施設でのボランティア演奏です。今回は家族バンド+1。
 同僚の先生にキーボードでお手伝いいただき、カミさんが歌、私がヴァイオリン、上の娘がベース、そして下の娘がアコーディオンという編成であります。
 上の娘は我が中学に入学し、かの有名なジャズバンド部に入ってベースを始めました。あっという間に私よりもうまくなってしまったので、今回初めて歌謡曲バンドでも弾いてもらうことに。
 下の娘は楽器はおろか音楽の訓練は全く受けていません。歌もあんまりうまくないし、じゃあどうしようかということで、結局アコーディオンを持たせることにしました。
 というのは、小学校の音楽会でアコーディオン担当になったと聞いていたからです。なら、ついでにマイアコーディオンを買って練習させようと。歌謡曲(演歌)の流しに手風琴はピッタリですし。
 ところが調べてみてびっくり。アコーディオンってめっちゃ高いんですね!
 昔から小学校で見かけてましたから、けっこう身近な楽器じゃないですか。だからなんとなくそんなに高いイメージがなかった。それが、最低でも10万円近いなんて…。ヴァイオリンより高いぞ。
 で、結局中古品を探して5000円弱で手に入れました。いちおうYAMAHAです。昔学校で使ってたヤツ。ソプラノの25鍵なので、今はもう生産されていないものです。ウン十年前のモノじゃないかな。ベルトの革の質感なんかからして、もしかすると私が小学校時代のモノかもしれません。
 私も持って弾いてみましたが、なんか超ノスタルジーですなあ。よくあるじゃないですか、小さい時よりもモノが小さく感じることって。自分のサイズがでかくなってるので、相対的にモノが小さくなる。
 そう、ほら、子ども時代って時間の過ぎるのも遅いし、モノがでかかった。こんな「事実」をとっても、やっぱり相対性理論は正しいと思うのであります(笑)。
 実際25鍵というのは最小サイズですよね。当時も小学校低学年用だったのでしょう。今では最小27鍵のようです。
 かなりの年代物のようですが、状態は非常によく、動作も発音も全く問題ありませんでした。よかった。
 考えてみると、アコーディオンというのは、携帯できるパイプオルガンそのものですからね。高いのも致し方ないのかもしれません。機械としてはかなり複雑で精巧なものですから。
 で、いきなり歌謡曲を数曲弾かせるというのもすごいですな。下の娘は楽譜とか読めないので、逆にテキトーに弾くのは得意です。ポイントだけ(たとえば「きよしのズンドコ節」のチャチャチャっていうところ)を教えていいにしちゃえ(笑)。
 本人もその気になってやってるので、いいとしましょう。というか、全体のリハも1回だけです。ウチのバンドはいつもこうです。構成と曲順だけ確認して、あとはその場でそれぞれが即興で合わせます(大丈夫か?)。
 上の娘も結局楽譜なしでテキトーにベースラインを作っていました。ジャズに比べれば簡単だとか(いや、実はそんなに甘くないのだぞ)。
 ま、とにかく明日頑張ります。お年寄りの方々に喜んでもらえるよう心をこめて演奏します。できが良かったら動画をアップします。
 

|

« 明見湖(はす池) | トップページ | 「歌謡曲バンドふじやま」ライヴ@富士山荘納涼祭 »

教育」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55290019

この記事へのトラックバック一覧です: 手風琴(アコーディオン)登場:

« 明見湖(はす池) | トップページ | 「歌謡曲バンドふじやま」ライヴ@富士山荘納涼祭 »