« 渡辺玉枝さん講演会 | トップページ | 富士風穴 »

2012.07.13

13日の金曜日

↓海洋堂から発売されているフィギュア
Mono139314_pho01 日は「13日の金曜日」。なんとなく縁起が悪いイメージがある「13日の金曜日」ですが、その起源をご存知ですか。
 巷間に流布している「キリストの磔刑が13日の金曜日だった」というのはどうも間違いのようです。いや、間違いとは言えない部分もあるかな。実際キリスト教圏でもそう信じられているようですから。
 キリストの磔刑が金曜日であるのは記録上(聖書上)たしかです。しかし、その日にちに関しては諸説あります。14日か15日というのが有力なようですが、13日である可能性は低いらしい。
 では、なぜ13日と言われるようになったかというと、たぶん、「13」という凶数が先にあったんでしょうね。
 13がなぜ凶数かというのも難しい問題です。これまたいろいろな説があり、たとえばキリスト教関係では、イスカリオテのユダが13番目の弟子だったからなどとも言われるようですが、彼はれっきとした十二使徒の一人であって、これもまた「13」という凶数に引っ張られた間違いであると思います。
 では、なぜなのか。私は「13」が「12」の次の数字ということで迫害されたんじゃないかと思うんです。推測というか直感にすぎませんがね。
 ご存知のとおり「12」は特別に目をかけられてきた数字です。1,2,3,4,6,12という多数の約数を持つことがまずその理由でしょうか。世界各地に12進法が存在することからも、12が良数、あるいは聖数だということが分かります。
 それに比べて「13」はどうでしょう。ある意味13とは対照的ですね。もちろん約数は1と自分自身しかない素数です。12進法では13からは別世界という感じがあります。ほら、英語やドイツ語では、13から表現法が変わりますよね。
 まあそんなことから12があまりに優等生なので、その隣の13がとばっちりを受けたのではないでしょうか(笑)。
 境界線にいたための不幸というのは、人間界にもありますよね。年号が変わっただけで新人類と言われたり、ギリギリ自分のところでエレベーターに乗れなかったり(笑)。13というのはそういうツイてない奴なんですよ。
 日本では、さらに不運なことに、4(死)と9(苦)を足すと13になっちゃうんですよね。どこまでツイてないのか。
 ところで、「13日の金曜日」はどのくらいの頻度でやってくるのでしょうか。実は「13日の金曜日」が
ない年はないんですよね、理論的に。ただ、その回数は年に1〜3と変化します。ちなみに今年は3回。1月、4月、7月。
 次回は来年の9月。つまり1年以上間が空きます。これは実は珍しいことです。次回は2027年から28年にかけての14ヶ月です。なんとなく気になる人にとっては、明日からしばらくは平穏な日が続くということですね。いや、それ以前に来年は2013年か。13年の金曜日は毎週やってくる(笑)。
 ちなみに、今年の1月13日金曜日には野田内閣が組閣しました。なんとも縁起の悪い内閣ですね(苦笑)。

Amazon 特撮リボルテック SERIES No.014 ジェイソン・ボーヒーズ

|

« 渡辺玉枝さん講演会 | トップページ | 富士風穴 »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55199286

この記事へのトラックバック一覧です: 13日の金曜日:

« 渡辺玉枝さん講演会 | トップページ | 富士風穴 »