« 『病気にならない生活のすすめ』 渡部昇一・石原結實 (PHP文庫) | トップページ | 『これでいいのだ14歳。』 福田淳ほか (講談社) »

2012.06.04

ロルフ・リズレヴァント 『天空のスピリチュアル』

Rolf Lislevand 『Nuove Musiche』
Refdp_image_0 「空のスピリチュアル」なんて書くと何ごとかと思われそうですね(笑)。すごい邦題だな。
 これはある意味とっても古い音楽です。そして、たしかに原題の通り新しいのかもしれない。
 原題の『Nuove Musiche(新しい音楽)』は、かの天才作曲家、バロック音楽の父とも言えるカッチーニの曲集にちなんだものでしょう。
 たしかに取り上げられている曲は、16世紀から17世紀にかけての音楽、それもパッサカリアやシャコンヌなど、循環する通奏低音を伴う変奏曲ですから、その当時としてはとても新しいわけですし、今からするととても古い、いわゆる「古楽」に属することになります。
 さらに、この録音の新しさは、現代的な新しさでもあります。なにしろレーベルがECMですから。
 ジャケットともども、古楽というよりは、ジャズやフュージョンに近い…というか、実際に様々な感性がフュージョンした、あるいはクロスオーバーした作品となっています。
 まずはちょっと聴いてみてください。本家Amazonで試聴してみましょう。
 どうですか。かっこいいでしょう。リズレヴァントはオスロ出身のギター、リュート、テオルボ、ビウエラ奏者です。3月に紹介したサヴァール一家ともよく共演していますね。
 YouTubeに1曲目がありました。これもどうぞ。かなり現代的な演奏だと思います。

 おっと最高にカッコイイ「Passacaglia andaluz」があったぞ。コテコテの映像付きだ(笑)。

 サヴァールたちとの共演であるこのライヴもいいですねえ。

 こういうのを聴くと、ああギターやっとけば良かったって思うんです。どこかにも書きましたけど、ヴァイオリンのように音を出してからも勝負できる楽器って、なんか甘いような気がするんですよね。瞬間勝負のあの感じがうらやましいんです(なんちゃって)。

Amazon Rolf Lislevand 『Nuove Musiche』

|

« 『病気にならない生活のすすめ』 渡部昇一・石原結實 (PHP文庫) | トップページ | 『これでいいのだ14歳。』 福田淳ほか (講談社) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54866303

この記事へのトラックバック一覧です: ロルフ・リズレヴァント 『天空のスピリチュアル』:

« 『病気にならない生活のすすめ』 渡部昇一・石原結實 (PHP文庫) | トップページ | 『これでいいのだ14歳。』 福田淳ほか (講談社) »