« 太宰治 『六月十九日』 | トップページ | C 対 D …永遠の「世代」闘争? »

2012.06.20

「かんなぎ」第10話より…

Imgres 日は軽いネタで。
 いやあ、笑った笑った。こういうの好きなんですよ。日本人っていいなあと思う瞬間です。
 今日、娘たちが録画してあった「かんなぎ」の第10話を観ていたんですよね。カミさんも一緒になってゲラゲラ笑っているんで、つられて観てみたら、まあ面白いこと。
 私、「かんなぎ」というアニメのこと、全く知らないのですが、それでもこれだけ面白いというのは不思議ですね。
 なんでも、この第10話はいわゆる「神回」だったようです。たまにあるじゃないですか、そういうのって。
 スタッフのこだわり、自己満足、暴走、パロディー…そうしたものを公的な番組の中でやらかしてくれる、そしてそれを許してくれる土壌が、この日本にはありますね。
 この回はカラオケをテーマにした回だったのですが、その「あるある感」だけでなく、ネタとキャラをふまえたオリジナル曲たちのレベルの高さ(すなわちパロディーのクオリティーの高さなのですが)には、よく分からないワタクシも思わず吹いてしまいました。
 もちろん、声優さんたちの「歌のうまさ」…ではなく「演技のうまさ」ですね。わざと「上手に」歌ったり、「ヘタ」に歌ったたり、「キモく」歌ったり…すごいですねえ、プロの世界は。
 他にも露骨な『らき☆すた』ネタやキョーダインという実に微妙な選択など、マニアには「ちょっとやりすぎだろっ!」と言われそうなくらいの力の入れようでした。
 カラオケネタということで言えばあのサラリーマンNEO会社の王国〜新人歓迎会2次会カラオケボックス編なみのクオリティーでしたね(笑)。
 シロウトももうそれだけでも充分ごちそうさまだったのに、なんですか!?あのEDは(笑)。あの映像にこの曲っすか。わざわざこの回のためだけに作詞作曲して録音したんですか(笑)。
 しかし、よくできてるわ、この「しりげやのテーマ」。趣味から職人になった作曲家の神前暁さん。これぞ日本の技ですよね。西洋的アカデミックな世界観とは一線を画す、まさに「文化」の継承者ですよ。素晴らしい。
 ニコ動にあったので、ぜひダイジェストでご覧(お聴き)くださいませ。あ〜、笑った。そして、感心した。
 


|

« 太宰治 『六月十九日』 | トップページ | C 対 D …永遠の「世代」闘争? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/55016083

この記事へのトラックバック一覧です: 「かんなぎ」第10話より…:

« 太宰治 『六月十九日』 | トップページ | C 対 D …永遠の「世代」闘争? »