« 演奏会案内!…6/2横浜 | トップページ | ヤマブキとシロヤマブキ »

2012.05.30

追悼 新藤兼人

20120531_62218

 た寂しい追悼記事を書かねばなりません。今年は多いなあ。大きな影響を受けた方が亡くなる。
 つまり、私は若い時、この世代の方々の生き方や創りだしたものに憧れ、多くを学び取っていたのでしょう。
 いよいよ、自分も当時の彼らと同じような歳になろうとしています。はたして、そういう先輩、先達になれるのでしょうか。はなはだ心もとない。
 新藤兼人さん、彼の昭和の作品は、脚本を担当した作品も含めてほとんど観ていると思います。個人的には「悪党」、「竹山ひとり旅」、「北斎漫画」などがお気に入りでした。
 しかし、やはり「裸の島」の衝撃は格別でしたね。新しい無声映画時代の幕開けだと感じました。喧騒の時代にあえて臨んだ無言の世界は、現代的「禅」そのものでした。
 しかし、無言は沈黙とは違います。
 そう、では林光の音楽は?という問いかけにも、私たちは答えなければなりません。映画鑑賞者でありながら、我々は観る者ではなく「聴く者」になっているんですね。
 それほど、林光の音楽は、ある意味で饒舌だったわけです。その無意味の意味に私たちの脳ミソは混乱します。音楽はやはり言語なのか?では、自然音は?
 そうしているうちに、私たちの目の前で繰り広げられる「映画」という視覚情報…ただし乱暴なまでに日常的な営みの描写…の存在を再認識するんですよね。あっそうだ、これは「映画」だったと。観なきゃ、映像の意味を、ストーリーを追わなきゃと。
 そうして、本来的な映画の構造をぶち壊して我々を混乱させることこそ、インディペンデントの革命精神そのものでありましょう。
 こちらで全編観る(聴く)こと、いや体験することができますのでぜひ。私も改めて体験してみます。
 インディーズはいつかメジャーになり、100歳にして巨匠と呼ばれるようになりました。歴史はそうして動いていくのですね。
 ああ、そうそう、新藤兼人さんのお孫さんって、今やインディーからメジャーになりつつある、あの文化系プロレス団体DDTのリンクアナウンサーなんですよね。なんかとても象徴的ですね。

|

« 演奏会案内!…6/2横浜 | トップページ | ヤマブキとシロヤマブキ »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

前略 薀恥庵御亭主 様

「空撮」が鍵となる
映画ですね。

監督の一番の代表作だと
考察しております。

愚僧は昔から・・・
「殿山泰司」は
天才だと感じていました。

あの雰囲気は常人には
無理です。笑

監督の「苦労の結集」が
「裸の島」として大きな実を
結んだのでありましょう。

心より御冥福を御祈り
申し上げます。   合掌

投稿: 合唱おじさん | 2012.06.01 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54840194

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 新藤兼人:

« 演奏会案内!…6/2横浜 | トップページ | ヤマブキとシロヤマブキ »