« 追悼 ドナ・サマー | トップページ | 日食と天の岩戸伝説 »

2012.05.18

追悼 フィッシャー・ディースカウ

 日のドナ・サマーに続き、天才的な歌手の訃報に触れる。
 ジャンルは違えど、お二人とも音楽史に偉大な功績を残し…というよりも、私の若かりし頃の音楽体験に強烈な印象を残しました。
 私のバッハ体験の端緒には、ディースカウのあの朗々たるバリトンが響き渡っておりました。
 特に印象に残っているのは、高校生の時に好んで聴いた、カール・リヒター指揮によるカンタータ集の中の、BWV82「Ich habe genug(我は満ちたれり)」です。
 1曲目がYouTubeにあったので改めて聴いてみましょう。
 ディースカウ自身は「Ich habe genug」だったのでしょうか。

 ディースカウはなかなかの色男だったようです。この低く甘い声でささやかれたら、世の女たちはひとたまりもないということでしょうか。
 BWV62には、あの有名なアリア「Schlummert ein, ihr matten augen(眠りなさい、疲れ果てた眼よ)」が含まれています。まさに「R.I.P」ですね。
 この死の美しさを予感させるアリアは、ご存知のとおりソプラノ用に編曲されて「アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳」に収載されています。
 私はバス、ソプラノ両方のヴァージョンの演奏に参加したことがありますけれども、やはりバスの方が味わい深いかなあ。
 ソプラノでは、この演奏なんかいかがでしょうか。この女性歌手はきっとディースカウのささやきにも動じないでしょうね。

 86歳、きっと満ち足りた人生であったことでしょう。ご冥福をお祈りします。
 

 

|

« 追悼 ドナ・サマー | トップページ | 日食と天の岩戸伝説 »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54746288

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 フィッシャー・ディースカウ:

« 追悼 ドナ・サマー | トップページ | 日食と天の岩戸伝説 »