« 恐山の院代が語る「死と生」 | トップページ | 2万円台で車載非常用ソーラー電源システムを構築する »

2012.05.24

田植えという神事

Gedc3532 乙女や泥手にはさむ額髪(村上鬼城)
 今日は中学3年生が田植えをしました。今年の3年生は、めだかの学校の校長をされている勝俣源一さんに御指導いただき、無農薬での米作りに挑戦です。
 総合の日本文化を学ぶシリーズの総決算ですが、理科や社会、国語や技術家庭など、様々な教科の勉強にもなりますね。
 それにしてもですねえ、なんかとても神聖な感じがしましたよ。源一さんも米作りは神事だとおっしゃっていましたが、全くその通りだと思いました。
 純粋な魂を持つ子どもたちによる田植え。これは間違いなく「祭」でしたね。現代にも早乙女はいたのか。決して上手な田植えではなかったと思いますが、水と土と苗と太陽と風と子どもたちによる共同作業には、きっと魂がこもることでしょう。
 源一さんもおっしゃっていました。田植えのあとは、もうお天道さまにお願いするしかないと。ある意味祈るしかないということですね。
 昨日の話で言えば、「コト」を尽くして「モノ」を待つ、すなわち「人事を尽くして天命を待つ」ということですね。そういう姿勢ってとても大事だと思います。
 人事(コト)を尽くすということによって、自然(モノ)に影響を与えるのが、本来の「マツリゴト」であるとワタクシは思うのであります。
 ところで、今回お借りしている田んぼは、あの明見地区の、それも非常に神聖な場所にあるのです。子どもたちにはそういう話はしませんが、そうですねえ、こちらの私のインタビューをご覧いただけるといいかと思います。
 ちょいと(だいぶ)マニアックな話になってしまいますけれども、稲作と言えば、伊勢神宮の外宮に祀られている豊受大神を思い出しますよね。トヨウケビメは、別称として「大物忌(オオモノイミ)神」とも呼ばれます。偉大なる「モノ」を畏れる神ということですね。大物忌神は鳥海山の大物忌神社に祀られています。
 ちなみに倉稲魂(ウガノミタマ)尊、すなわち稲荷神も、豊受大神と同神とされる場合があります。やはり稲と関わりがあるのです。
 豊受姫命は国祖国常立大神の妻神として、出口王仁三郎の大本神話の中では特に重要な存在となっています。そして、インタビューにもあったとおり、富士山の艮にあたる明見という地区に残る神話と、遠く離れた丹波の大本神話の間には、不思議な符合点があるんです。
 そういう「霊的」なネットワークで結ばれたこの土地で、こうしてトヨウケビメにまつわる神事を、教え子たちと一緒に営むことができたことは、これは偶然とは思えませんね。
 源一さんも宮下文書について非常に詳しい方であり、今日も二人でいろいろな話で盛り上がりました。私自身もまたまた不思議なご縁を頂戴し、ありがたく思っているところです。
 さて、これからは草取りが大変です。自然と対話しながら、収穫の秋まで頑張りましょう。秋の稲刈りがすんだら、おにぎりパーティーや餅つきをしようと考えています。
 教室や教科書では学べない「モノ」をたくさん吸収してほしいですね。


|

« 恐山の院代が語る「死と生」 | トップページ | 2万円台で車載非常用ソーラー電源システムを構築する »

教育」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54794173

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えという神事:

« 恐山の院代が語る「死と生」 | トップページ | 2万円台で車載非常用ソーラー電源システムを構築する »