« 「want to」か「have to」か | トップページ | 富士山ラドン濃度と全国の地震の関係について(その3) »

2012.04.13

グラッペリとメニューイン

 チに帰ってきた途端頭が痛くなって、熱をはかったら8度越え。忙しすぎたのかなあ。昨日は「have to」は素晴らしい!みたいなこと書きましたが、やっぱり程度というのはありますな(笑)。
 さて、そんなわけで、今日はこれだけ。寝ながら聴いた音楽です。
 ご存知ジャズ・ヴァイオリニストの巨人ステファン・グラッペリと、クラシック・ヴァイオリニストの巨匠ユーディ・メニューインの共演です。
 二人はとても仲が良かったそうですね。それにしても、同じヴァイオリンでもこうも違うかというくらい違いますね。
 メニューインのはいわゆる近代奏法です。グラッペリはジプシー・ヴァイオリンのテクニックです。どちからが正統派なのか、考えるまでもないでしょう。
 私はバロック・ヴァイオリンを弾きますので、当然のこと、グラッペリのようなボウイングや発音が理想です。
 しかし、不思議なもので、ジャズをやろうとすると、メニューインみたいになっちゃうんですよね。楽譜を見ながらメニューインみたいには弾けるけど、グラッペリのような即興は絶対無理。
 ま、メニューインも、グラッペリに「あなたはいったいどうやって弾いてるんだい?」といつも言っていたそうですからね。ヴァイオリンを弾ける人ほど、グラッペリの奏法は理解不能な領域なんです。孤高の天才ですね。

 最後はメニューインさんには退場願いまして、この曲を。

|

« 「want to」か「have to」か | トップページ | 富士山ラドン濃度と全国の地震の関係について(その3) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54458902

この記事へのトラックバック一覧です: グラッペリとメニューイン:

« 「want to」か「have to」か | トップページ | 富士山ラドン濃度と全国の地震の関係について(その3) »