« 昭和史検定 | トップページ | ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜(TBS) »

2012.04.06

芥川龍之介 『好色』

↓これは直接関係ありませんが…
1106130001 間がないので他人のふんどしです。他人も他人、芥川龍之介。そして、ふんどしもふんどし、これは芥川の作品の中でもかなりの下ネタです。
 いや、「好色」というからエロチックなのかというと、そうではなくて、シモもシモ、簡単に言うと、好きな女のクソを喰う色男の話です(笑)。
 いやあ、面白いですね。過激ですね。一般にはこの作品は芥川ワールドにクソならぬミソをつけた作品と評価されていますが、私は好きですね。この壊れちゃった感と、しかし見事にリズミカルな文体と。いやあ、朗読したい作品の第一ですね。
 これこそ私の考える「もののあはれ」の世界そのものです。雅ではなくて、不随意、不本意ということです。
 ちなみに平中こと平貞文は1000年前の地震・噴火活発期に活躍した人物ですね。
 縦書き文庫でお読みください。
 

 最近、 田中弘毅さんの名朗読がYouTubeにアップされましたので、こちらでもぜひ(ちょっと音が悪いのが残念)。

|

« 昭和史検定 | トップページ | ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜(TBS) »

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54411294

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川龍之介 『好色』:

« 昭和史検定 | トップページ | ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜(TBS) »