« エトナ火山 | トップページ | カタルーニャの歌 »

2012.03.19

セレロールスのビリャンシーコ

 多忙のため、音楽の力を借ります。ちょっと(かなり)マニアックです。
 「セレロールスのビリャンシーコ」と聞いて、「ああ」と思う人はそんなにいないでしょう。へたすると日本に10人いるかいないか…。
 セレロールスはバロック時代スペインの作曲家(演奏家)です。彼の宗教曲、たとえば死者のためのミサ曲などは昔から有名でした。
 スペインらしいというか、ルネッサンスの様式の中に、いかにも半島的な、つまり「非ヨーロッパ」的な雰囲気がうまく配合されていて、魅力的な作品がありますね。
 もう少し詳しく言うと、構築されたポリフォニーと民謡的なホモフォニーが絶妙にブレンドされているということです。
 で、最近、本国スペインでは、このセレロールスの世俗曲も再評価が進んでいるようです。ビリャンシーコというのは、語源に「villano―村人、庶民」が含まれていることからも分かるとおり、「民謡」という意味です。
 もちろん、当時の庶民はキリスト教にどっぷり浸かっていましたから、民謡と言ってもそこには宗教的な色合いも濃くあります。
 私はスペイン語がほとんど分かりませんので、この歌がどういう内容を歌っているものか分かりませんが(苦笑)。
 スペインが誇るイケメン(?)ヴィオール奏者、サバールの演奏指揮です。
 もし日本が1624年にスペインの渡航禁止策をとらなかったら、こういう音楽が九州で、いや江戸でも聴かれたのかもしれませんね。そんなことを妄想すると、また面白いというものです。
 では、どうぞ。なんか心にしみますよ。

|

« エトナ火山 | トップページ | カタルーニャの歌 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54272287

この記事へのトラックバック一覧です: セレロールスのビリャンシーコ:

« エトナ火山 | トップページ | カタルーニャの歌 »