« 折り紙の授業が紹介されました。 | トップページ | 山梨県立博物館企画展 『おふどうと名乗った家 豪商大木家の350年』 »

2012.02.23

富士山の日の富士山と…皇太子さま&桜織ちゃん

 日は223で富士山の日でした。その主役、午前中は大雨で全く見えなかったのですが、午後には雲間から神々しい姿を現しました。陽の光を背に、まさに後光を背負ったようなお姿であります。数枚写真を撮りましたので、ご覧下さい。

Gedc2811

Gedc2812_2

Gedc2813_2

Gedc2814_2

Gedc2815_2

Img_4482

 神々しいお姿と言えば、今日は富士山に縁の深い(?)お二人のお誕生日でしたね。
K10032210711_1202230521_1202230530 まずは、皇太子さま。52歳になられました。皇太子さまとはヴィオラを通じて多少のご縁があります。古楽に関しましては師を同じくしております。バロック・ボウを共有したこともございます。
 皇太子と富士山がなぜ関係深いのか。それはまだお話できません。いずれ明らかになるでしょう。
2012021900000511san0000view もう一人、本日愛称が決定した富士吉田の萌えキャラ「桜織」ちゃんです。
 桜織で「さおり」となると、いわゆる「豚切り名」ですが、萌え文化にはそんな屁理屈は通用しません。かわいければいいのです。
 ただ、富士吉田のキャラかどうか、名前からは全く判断できないのが難点ですね。せめて苗字を「吉田」にするとかしないと。
 それにしても、この子(と言っても23歳)のキャラ設定が面白いですね。23歳という意外な年齢にも、一瞬えっ?と思いつつ、実はニッチな萌えの部分をうまく突いた感があります。その他のキャラ設定について、あるいは関連商品&痛車やラッピングバス(これも痛車の一つだな)は、こちらでご確認ください。微妙すぎてウケます。
 これはプロのプロデューサーの仕業なのか、それともど素人のやらかしなのか、非常に判断が難しいところです(笑)。そのギリギリ感が私には好もしく思われました。
 ちなみに私はお酒を手に入れそこねました。残念。そして姉の存在が気になる(笑)。
 最後に、このようなことを申すのは失礼というか不謹慎ではありますが、将来的には「富士山の日」が「天皇誕生日」になるのですね。案外日本人はそれに気づいていません。

追伸 なんと桜織ちゃんのツイッターの第1号フォロワーになっちゃいました(笑)。

|

« 折り紙の授業が紹介されました。 | トップページ | 山梨県立博物館企画展 『おふどうと名乗った家 豪商大木家の350年』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/54061246

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の日の富士山と…皇太子さま&桜織ちゃん:

« 折り紙の授業が紹介されました。 | トップページ | 山梨県立博物館企画展 『おふどうと名乗った家 豪商大木家の350年』 »