« ネコと和解せよ | トップページ | エマーソン・レイク&パーマー 『 Live in Japan(1972年後楽園球場)』 »

2012.01.30

あっぱれ! ひとり「ボヘミアン・ラプソディー」

 ょっと忙しいので、軽いネタを一つ。
 いや、全然軽くないかもしれない。これはすごいですよ。私も複数の人間でこの曲を完全コピーしようとたくらんだことがあるので、これがとんでもない偉業であることがよく分かります。
 いくらプロとは言え、このレベルでやられると、さすがに「参った」としか言えませんね。
 一人で楽器からボーカル、そしてあのコーラスまで全て「弾いてみた」「歌ってみた」のは、アメリカのミュージシャン、リッチー・カステラーノさん。
 まあ、とりあえず聴いて観てみてください。映像もよくできている(笑)。

 こうして聴いて観てみると、カステラさん、いやカステラーノさんのすごさもですが、なんと言っても、この曲を作ってしまった、フレディ・マーキュリー、というかクイーンの偉大さを再確認せずにはいられないですね。
 どういう音楽体験があるとこういう曲が作れるのだろうか。ある意味バッハやベートーヴェン、さらにはビートルズをも超える偉業だよなあ。もちろん歌詞も含めて。
 では、改めて原曲を聴いて観てみましょう。ちなみにこのオリジナル映像作品もまた、世界初の本格的ミュージック・ビデオとして歴史に残るものなんですよね。

 むむむ、一度頓挫した古楽版完全コピーに再び挑戦したくなったぞよ。誰かやりませんか?

Richie Castellano 公式

|

« ネコと和解せよ | トップページ | エマーソン・レイク&パーマー 『 Live in Japan(1972年後楽園球場)』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
こ、これはとっても素晴らしいですね(>_<)
見ていたら熱くなってきました!!
クィーン大好きな夫にも見せます!!
キーボードにのせてある女性のフィギュアも気に
なってしょうがないです・・・(笑)

今年もブログ、楽しみにしています!

投稿: digger | 2012.01.31 20:04

お久しぶりです。
これはスゴい!Blavissisimo〜!ですね。
にしても、やはりQueenは偉大です。
当時はロックの範疇を越えてたので、ミーハー(初心者向け?)バンド、
なんて言われてたんですが…ロックでないようでものすごいロック魂
ですよね。突き抜けちゃってますね、バサラというのか。
古楽器Queenも近ければ助太刀致す!のですが…。

投稿: よこよこ | 2012.02.01 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/53861535

この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれ! ひとり「ボヘミアン・ラプソディー」:

« ネコと和解せよ | トップページ | エマーソン・レイク&パーマー 『 Live in Japan(1972年後楽園球場)』 »