« 志村正彦展〜路地裏の僕たち | トップページ | DIABLO ビジネス&カジュアルバッグ KA-2152B »

2011.12.25

ロカテッリ クリスマス協奏曲

 日はクリスマスです。たぶん(?)仏教徒である私にとっては、仏教の伝道師としてのイエスのお誕生日をお祝いしましょう。
 ずいぶん前にも書いたとおり、イエスが当時「東方」からやってきた新思想に触れていた可能性は大です。そして、触れたからには影響も受けていることでしょう。
 ま、それはいいとして、今日はクリスマスにちなんで1曲紹介しましょう。
 クリスマス協奏曲としてはコレッリのものが最も有名ですね。しかし、今日はコレッリの音楽的後輩である(ま、ほとんどのバロックの作曲家は彼の後輩ですが)ロカテッリの作品です。合奏協奏曲集作品1の第8番ヘ短調。
 まずは聴いてみてください。いい曲です。

 ロカテッリはイタリア人ですが、後半生はアムステルダムで過ごしました。ヴァイオリンの演奏技巧を発達させた功績は大です。
 それにしても、なんで当時のクリスマス関係の曲は「暗い」んでしょうね。コレッリもそうですし、トレッリもそうですし、ビーバーやブクステフーデやバッハもそうです。
 特に不協和音を強調するところが特徴ですね。つまり、イエスが誕生するまでの世界観が暗くて不協和なのでしょう。
 そういうところに明るいスターが誕生するから価値があるのです。全て救世主というのはそういう存在ですよね。もともとの世が明るくて協和しているなら、メシアの出番はありません。
 このロカテッリの曲でも、前半は上方飛躍の音型と半音進行を伴ったモチーフが繰り返され、不協和音を織りなしていきます。どんより重い空気が漂いますね。
 そんな中、3楽章の5声のフーガは短いながらカッコイイですね。地味に派手な(?)転調してたりして、なんとなく不穏な感じが表現されています。
 そして、最後はお決まりのパストラーレ。一気に明るく快活になって大団円。
 そのあたりのコントラストこそバロックの神髄ですね。
 今日はTBSの「報道の日」を観ていて、それこそどんよりな気持ちになってしまいました。こういう空気の中では、やはり我々は救世主を待望してしまうものです。
 しかし、本当の救世主は自分の中にあるのだと思います。ただ待っているだけではいけない。変わるのは自分自身。その集合体こそがメシアの本体であって、たとえばキリストの物語というのは、バロック的な演出に過ぎないとも言えるのです。もちろんイエス自身もそう言っています。あくまで主体は自分自身であると。
 今年の日本のクリスマスはいつもと違うはずです。実際のところどうだったんでしょう。いつものようにただ消費されただけだったら残念ですね。配慮とか自粛とか謹慎とか、そういう次元でなく違いがあって当然だと思うのですが。
 そういう意味において、今日の「報道の日」は価値があったなと思った次第です。
 

|

« 志村正彦展〜路地裏の僕たち | トップページ | DIABLO ビジネス&カジュアルバッグ KA-2152B »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

紹介してくださっているロカテッリ、初めて聴きました。
コレッリのクリスマス協奏曲はもちろん好きですが、それ以上に静かで心に沁み
入ってくる曲ですね。いいですね。
寂しさや侘しさを感じさせる曲は、本来日本人が好むものだと思っていますが、
近頃は、なぜかそういう曲調の音楽が減っているように感じます。
由紀さおりのような志村正彦くんのような歌人もいるのに、どうしてなんでしょうか。

投稿: kono | 2011.12.26 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/53565627

この記事へのトラックバック一覧です: ロカテッリ クリスマス協奏曲:

« 志村正彦展〜路地裏の僕たち | トップページ | DIABLO ビジネス&カジュアルバッグ KA-2152B »