« TPPに思う…その2 | トップページ | 格安高性能ネオ一眼デジカメ 『GE X500』 その2 »

2011.11.12

格安高性能ネオ一眼デジカメ 『GE X500』 その1

(たくさん写真があるので何日かに分けて紹介します)

 れはおススメ!日本人の盲点ですぞ。ちなみに15500円(!)で購入いたしました。手のひらに乗る、気持ちいいサイズです。色はワインレッド(日本特別仕様)。

Img_3910

 電源を入れてみましょう。いわゆるネオ一眼です。見た目が一眼レフ風の「EVF(電子ビューファンダー)機」です。アメリカ製。それも福島第一原発の原子炉を作ったGE(General Electric)社製です。これでウチのデジカメは3台ともGE製になりました(参照…A1050C1033)。それも全部赤(笑)。

Img_3912

 最近はTPPのこともあってアメリカ製品は粗悪だという声をよく聞きますが(リチャード・コシミズさんに限らず…笑)、案外いいものも作っています。まあAppleを見れば分かりますよね。
 今回買ったデジカメも非常によくできていました。もちろんカメラマニア日本人からすれば、トンデモ製品なのかもしれませんが、我々シロウトにとっては充分すぎるほどに高性能です。
 のちほどお見せしますが、まずレンズが良い。光学15倍ズーム(27〜405mm換算)の出来は抜群です。望遠端までズームしてみましょう。ニョキニョキと伸びます。けっこう控え目な伸び方です(笑)。

Img_3914

 ストロボをポップアップして正面から見るとこんな感じです。もちろん乾電池仕様。私は完全な「単三厨」です(笑)。使うのはもちろんエネループ。静止画なら500枚以上、動画も試したら4時間以上持ちました。これはすごい。ただしファイルの4GB制限があるので640(30コマ/s)で44分30秒くらいで撮影は中断します。

Img_3918

 1日使って唯一イマイチだと思ったのは液晶ですね。発色も解像度も視角も満足できません(EVFもおまけ程度)。2.7インチという大きさは充分だと思います。各種ボタンの配置、操作性もまあまあGEにしてはいい方ではないでしょうか。マニュアルなしでも使えます。

Img_3920

 というわけで、今日は東京九段で「実務者研修」がありましたので、昼休みと帰りの時間を使ってさっそくテスト撮影をしてきました。まだ使いこなせていないし、テキトーにパシャパシャ撮ってきたので、いわゆる「いい写真」はありません。あしからず。
 しっかし、敵国GE社製の初試し撮りが「靖国神社」って…笑。おかげですさまじい頭痛に襲われました。ゴメンナサイ。
 ちなみに私は変なこだわりがあって、ファイルサイズをKBレベルにするためにスペックダウンさせています。このX-500はいちおう1600万画素だそうですが、私にはそんなことは興味ありません。実際の撮影では500万画素レベルに解像度を落とし、さらに圧縮度を最大にしています。マニア的にはダメダメな画質でしょう。そこんとこよろしく。ではまずは処女撮影。靖国神社拝殿前景。オートです。

Gedc1387

 このカメラにはHDR機能がついています。ただし、iPhoneのカメラのHDRのように複数の露出の写真を合成するタイプではなく、ソフト的な画像処理を施すものです。これが案外いい。目で見たのに近いコントラストを再現してくれます。さっそくかけてみました。雲の描写はちょっと不自然になりますね。

Gedc1524

 HDRは何度でもかけられます。もう一度。こりゃダメだな。

Gedc1525

 続いて光学ズームのテスト。広角から望遠まで、とにかく収差が見事におさえられています。このお値段のカメラにしてはずば抜けた性能でしょう。ここに惚れました。

Gedc1389

Gedc1390

Gedc1391

Gedc1392

Gedc1393

 う〜ん、15倍ズームはすごいな。というより、27ミリという広角が気持ちいい。さて、次はその広角端で菊のご紋を撮影。

Gedc1400

 続いて桜の林。

Gedc1402

 HDRをかけてみましょう。おお、見た感じに近い近い。なかなか上手な補正。ちなみに5秒くらいかかります。元ファイルと処理後のファイル両方保存されます。

Gedc1408

 HDRの効果をもう少し見てみましょう。まず元画像。

Gedc1413

 続いて処理後。自然ですね。つくづく人間の眼の性能の良さを感じます。

Gedc1544

 もちろん、写真らしいコントラストの良さもあります。元画像。

Gedc1416

 処理後。好みや撮影意図にもよりますね。まあウチに帰ってソフトで補正すればいいだけの話ですが、なんとなくその場でできるのも面白いですよ。今見ている風景と比較できるので。

Gedc1545

 もう一度ズームのテストをしてみましょう。今度はデジタルズームもやってみます。

Gedc1417

Gedc1418

Gedc1419

Gedc1420

Gedc1421

 以上光学ズーム。光学式手ブレ補正onです。次はデジタルズーム。6倍までありますが、これはどのくらいかな?3倍くらい?このくらいなら使えますね。

Gedc1422

 いろいろなモードがある中で、GEお得意のパノラマモード。近い建物を広角で撮るとこんな感じに不自然になっちゃいます。実際はまっすぐな建物です(笑)。基本風景を撮るものですな。

Gedc1438

 魚眼風モード。広角端。

Gedc1439

 魚眼風モード。望遠端。

Gedc1441

 スケッチ風モード。遊べます。

Gedc1440

 遊就館のゼロ戦。27ミリの威力ですね。 

Gedc1442

 これは魚眼モードかな。迫力を出すには効果的ですね。

Gedc1443

 ゼロ戦、後から。尾翼の手前にピントが合っちゃってるな。AFはシングルモードです。マルチとどう違うのか、まだよく分かりません。

Gedc1449

 これも広角の魅力。室内(近距離)でもこういう写真が撮れますからね。

Gedc1451

 これは望遠端です。逆に近づけないものもこれだけ撮れる。

Gedc1452

 D51の一部。魚眼モードは立体感を出すのに効果的ですね。 

Gedc1455

 逆光ストロボ撮影。

Gedc1460

 ロビー全体をパノラマ撮影。パノラマがほとんど自動的に簡単にできます。便利。 

Gedc1463

 …というわけで、まだまだ夜の部がありますが、それは明日以降。とにかく面白いカメラです!

 けっこう使える長時間シャッター、夜景モードなど暗いところについてはこちらの記事をどうぞ。

X500公式

Amazon GE X-500

|

« TPPに思う…その2 | トップページ | 格安高性能ネオ一眼デジカメ 『GE X500』 その2 »

もの」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

良いですよね、ネオ一眼。
私も持ってますが、なんてったって「これ一台で済む」というのが魅力ですよ。銀塩時代は出かけるたびに大きなカメラバックが負担になったものですが、ネオイチになってからは荷物スッキリ!

投稿: LUKE | 2011.11.13 13:07

はじめまして!
このカメラのファインダーですが、視度の調整機構も付いているのでしょうか? 
記事を読んで、値段を調べたら安い意!それで買おうと思ったのですが、私の目はかなりの老眼で気になって。

投稿: John Doe | 2012.06.18 17:11

John Doeさん、残念ながら視度調整はできません。
オマケ程度でして、私もほとんど使ったことがありません。
ま、安いので許しちゃいましょう。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2012.06.18 22:06

蘊恥庵庵主さま

そうですか、視度調節は駄目…
今日記事を拝見してAmazonを調べたら1万円チョイ。
これはと思ったのですが 
悲しくて悲しくてもう寝ます。ふて寝です
確かに値段を考えますと過剰な要求かも。
当方雪国で冬は-20℃以下になりますので
上等なカメラは勿体無くて、早速目を付けたのです。

尚、このカメラ不思議な事に中古市場には出てないのです。それほど愛されている????
富士フィルムのOEMを製造している中国の会社の製品
なのに、やっぱり視度は必要ですよね!
ではアリガトウ御座いました。

投稿: John Doe | 2012.06.18 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/53231797

この記事へのトラックバック一覧です: 格安高性能ネオ一眼デジカメ 『GE X500』 その1:

« TPPに思う…その2 | トップページ | 格安高性能ネオ一眼デジカメ 『GE X500』 その2 »