« 2011年の富士山とフジザクラとミツバツツジ | トップページ | 跳ね上げメガネ購入 »

2011.05.07

往きて還らず…追悼 団鬼六先生

昨年10月小向美奈子を…
20110508_74207 心で一晩世間から離れておりました。そして帰還すると訃報が…。
 団鬼六先生。私が師と仰ぐ数少ない「昭和のバカ(天才)」の一人がまた幽なる世界に帰られました。残念でなりません。
 団先生への思いはこちら『快楽なくして何が人生』の記事をご覧下さい。「人生の課題図書」…もう一度読み直しみたいと思います。
 実際にお会いすることは叶いませんでしたが、不二草紙にもご訪問いただいたり、Twitterでフォローを返して下さったりDMを下さったり(もちろん皆さんにそうされているのでしょうが)、そんなところにも師匠の温かさを感じていたところでした。
 何事かを貫くことは、世間から見るとバカに見えたり、狂っていると思われたりするものです。そう思われても、肚を据え、肚をくくり、筋を通し続ける。そういう力が、平成の世の我々には欠けているような気がします。だから何も残せない。日々のリスクを避けることばかり考えているから、想定外の事態に対応できない。泰然と人生に対峙できない。それがまた潜在的な不安を生む。人も離れていく。
 団鬼六先生、そういう意味では本当に強靭な志を持った「狂人」でした。
Signature_light2 DMで送って下さった画像がこれです。「一期は夢よ ただ狂え」。
 遺作となった「死んでたまるか」にも象徴されている通り、先生の「生」への執着はすさまじいものがありました。
 接心すなわち仏教はそうした「執着」を捨てることを目標としているわけですが、お釈迦様自身もそうであったように、実際には「執着」や「煩悩」や「欲望」や「快楽」を極めなければ、それを捨てることはできないわけですね。
 そういう意味では団先生や赤塚先生は、今「ブッダ」になっているのでしょう。生きるのも死ぬのも「命懸け」でなければならないのです。見習わなければなりません。
 命しかない。けれど、命がある。これが希望である…団先生のブログの最後の記事、ぜひ皆さんにも読んでいただきたい。4月10日、隅田川で最後の花見をされたそうです。その日にお書きになった絶筆です。本当に最後まで「生」への執着を捨てない方でした。そして、それは御自身の「生」だけでなく全ての生命の「生」に対する執着だったのです。

団鬼六ブログ「徒然なるままに」より
 日本人は決してへこたれない、立派な国民だ。

Amazon 往きて還らず

|

« 2011年の富士山とフジザクラとミツバツツジ | トップページ | 跳ね上げメガネ購入 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

今回の記事で真っ先に思い浮かんだのは、先日の武田邦彦先生のブログでした。↓

「子らよ・・・」
http://takedanet.com/2011/05/post_29ef.html

武田先生も団先生も漢(おとこ)ですね。この比類無き絶望の中でさえ光明を見いだし、「立ち向かえるはずだ。」と背中を押してくれます。タフだなぁ。

PS.「一期は夢よ ただ狂え」ではないでしょうか?

投稿: LUKE | 2011.05.09 00:36

おお!
何より書かねばならぬことを書き忘れるとは!

団鬼六先生、大変お世話になりました。合掌。

投稿: LUKE | 2011.05.09 00:42

LUKEさん、どうも。直しておきました。
それにしても、最近の男は(私も含めて)軟弱ですねえ。
生徒を見ているとなんだか情けなくなりますよ。
女は相変わらずタフですが…(苦笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2011.05.09 05:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/51611355

この記事へのトラックバック一覧です: 往きて還らず…追悼 団鬼六先生:

» 小向 美奈子 釈放 [また会いましょう]
往きて還らず…追悼 団鬼六先生 昨年10月小向美奈子を… 接 心で一晩世間から離れておりました。そして帰還すると訃報が…。 団鬼六先生。私が師と仰ぐ数少ない「昭和のバカ(天才)」の一人がまた幽なる世界に帰られました。残念でなりません。 団先生への思いはこちら 『快楽 [防]団鬼六氏死去 う。 とても哀しい。 なんという美声。 先月、最後の花見…「花と蛇」の団鬼六氏死去 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/07/kiji/K20... [続きを読む]

受信: 2011.05.18 03:19

« 2011年の富士山とフジザクラとミツバツツジ | トップページ | 跳ね上げメガネ購入 »