« 2011.4.7 宮城県沖地震発生(M7.4) | トップページ | チャリティーコンサート無事終了しました。 »

2011.04.08

風と富士が生み出す雲の芸術

 日はお釈迦様の誕生日。毎年この日は本校の入学式です。今年新しいドラマがスタートしました。
 こうして平安に出会いの日を迎えられること、今までは当たり前だったのですが、今年は本当に幸せなことだと感じました。
 理事長先生が選んだ生徒の標語は「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日(精いっぱい、力いっぱい、命いっぱい)」です。
 私たち教職員もその言葉をかみしめながら一日一日を一所懸命に生きていきたいと思います。一期一会を大切に。
 さて、今日は式典中もゴーゴーと風の音が体育館に響いていました。すごい風でしたね。よくある春の強風です。
 そして、明日は天気が崩れるということで、ここ富士山麓ではものすごい光景が一日中繰り広げられていました。
 今日はたくさん写真を撮ったのでそれをとにかくご覧ください。この日本一の独立峰がなければ、絶対にこんな光景は見られません。
 美しさを超えて恐怖すら感じる空模様です。そうです。自然という神はこうして私たちを感動させたり恐怖させたりするものなのです。そこに芸術や宗教が生まれる。
 日本人の「神」観の根底にあるのはこの自然の「モノ」性です。人知(コト)を超えた世界に、私たちは癒されたり、ひれふしたり、恐怖したり、怒りを覚えたりしてきたのです。
 富士山という山の神が風神と出会い、そこにまた雲の神様が生まれる瞬間です。「ムスビ(結び・産び)」ですね。やはり、ここには神が宿るのだなあ。特別な土地です。ここに住めて幸せです。
 時々刻々と移り変わる光景はとても写真には収めきれません。格安のデジカメですし、私自身下手くそですから一層そのニュアンスは伝わりにくいかもしれません。それでも、その一端でも感じていただければと思います。
 あっ、ちなみにこれらは地震雲ではありませんからね(笑)。地震や噴火の兆候ではなく、富士山麓ではたまに見られる気象現象です。まあ、知らない人が見たら、それはビックリしますよね、この造型と色彩には…。
 最初の一枚は昨日撮ったものです。途中、撮影中近づいてきた鹿の群れも登場します。では、どうぞ。

Gedc0529

Gedc0532

Gedc0533

Gedc0535

Gedc0540

Gedc0541

Gedc0543

Gedc0545

Gedc0546

Gedc0548

Gedc0550

Gedc0552

Gedc0554

Gedc0556

Gedc0557

Gedc0558

Gedc0559

Gedc0561

Gedc0562

Gedc0565

Gedc0566

Gedc0567

Gedc0569

Gedc0574

Gedc0576

Gedc0577

Gedc0579

Gedc0580_2

Gedc0581

Gedc0585

Gedc0586

Gedc0587

Gedc0588

Gedc0589

Gedc0590

Gedc0593

Gedc0595

Gedc0596

Gedc0598_2

Gedc0600

Gedc0601

Gedc0602

Gedc0605

Gedc0607

Gedc0608

Gedc0609

Gedc0611

Gedc0612

Gedc0613

Gedc0619

Gedc0623

Gedc0624

Gedc0625

Gedc0626

Gedc0629

|

« 2011.4.7 宮城県沖地震発生(M7.4) | トップページ | チャリティーコンサート無事終了しました。 »

モノ・コト論」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

先生、無事に入学式を終えられよかったですね。
私、県立高校で1年間教えていたことがありまして、先生のブログを読むとその頃の事を思い出し懐かしくなります。

この日の雲。。。ちゃんと観ました!!!河口湖方面から午前中、お昼ころは富士吉田付近から、夕方は山中湖から観察しました。
「荘厳さ」「畏怖の念」を感じました。富士山は独特の存在感なんですね。いつものように「ピーーーッ」と飛行機雲もありました。
夕方、暗くなる前に(^v^)主人と湖畔にでて雲を観ながらワインを飲み、大自然を堪能していました♪

たくさんの写真をありがとうございます。
とても勉強になり楽しいです。

今回は国際フォーラムに行かれなくて残念でした。

投稿: 山中湖 | 2011.04.09 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/51338894

この記事へのトラックバック一覧です: 風と富士が生み出す雲の芸術:

« 2011.4.7 宮城県沖地震発生(M7.4) | トップページ | チャリティーコンサート無事終了しました。 »